公開日

2022/01/13

最終更新日

【転職エージェント見捨てられる】原因や対処法について詳しく解説

今の会社は職場の雰囲気に馴染めないし、給料も低いから転職したい」こんな思いを抱えて、転職エージェントに登録してみたものの、見捨てられているように感じている方がいるのではないでしょうか。転職エージェントが転職希望者を見捨てるはずがないと思うかもしれませんが、実際に見捨てられたという人は沢山います。見捨てられる原因としては様々なものがあり、こちらが悪い場合と、エージェント側が悪い場合があります。仮に見捨てられているとしても、正しい対処法をとれば問題ありません。この記事では、転職エージェントに見捨てられる原因について、原因や対処法について詳しく解説いたします。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

目次

転職エージェントの仕組み

転職希望者が見捨てられてしまうのは、転職エージェントの仕組みが関係しています。転職エージェントは、転職希望者を企業に紹介して就職まで至った場合、企業からお金をもらうようになっています。契約内容によって異なりますが、転職者の年収に応じて報酬額が左右される場合がほとんどです。転職希望者からお金をとることは法律上禁止されているため、できるだけ多くの人を転職させることで利益を増やしているのです。こういった仕組みになっていることから、転職エージェントはすぐに転職できる人や年収の高い人を優先し、自社の利益に繋がらない人材を蔑ろにする傾向にあります。そもそも転職エージェントを利用しなくても転職できそうな人には優しく、経歴やスキルが不十分な人には冷たい。理不尽に思うかもしれませんが、ビジネスとして人材紹介を行っている以上は仕方がないことなのです。そのため、自分だけ見捨てられていると思い込んで悩む必要はなく、こういった仕組みが関係していることを認識しておきましょう。

転職エージェントに見捨てられている状態

次のような場合、転職エージェントに見捨てられている状態と言えます。

連絡が来ない

転職エージェントから連絡が来ないようになると、見捨てられていると判断して良いでしょう。転職エージェントは企業に人材を紹介することでお金を稼いでいますので、基本的には積極的に連絡をしてくれるはずです。しかし、転職する可能性が低いと認識されてしまうと、次第に連絡が少なくなります。登録して初回の面談を終えた段階では連絡が来ていたのに、1ヶ月経ったら来なくなったというケースはよくあります。転職エージェントの担当者は、1人で何人もの転職希望者に対応していますので、どうしても優先順位を付けてしまうのです。担当者が忙しいため連絡が遅れるという場合はありますが、あまりに長い期間に渡って全く連絡が来ないのであれば、見捨てられている可能性が高いです。

提案される求人が少ない

提案される求人が少ないのも、見捨てられている状態の特徴と言えます。キャリアやスキル、年齢などによって応募できる求人の種類は異なりますが、世の中には様々な求人があります。そのため、あまり条件を定めていないにもかかわらず、提案される求人が少なければ、意図的に紹介しないようにしていると考えられるでしょう。せっかく転職エージェントに登録していても、求人を提案してもらえなければ意味がありません。お金を払ってはいないものの、時間と労力が無駄になってしまいますので、見捨てられていると気付くことが大切です。業界を絞っていたり、高い給与を希望していたりしていないのに提案される求人が少ないのであれば、見捨てられていると判断してください。

要求を聞いてもらえない

要求を聞いてもらえない場合、見捨てられている可能性が高いです。具体的には、企業への推薦文を書いてもらえなかったり、他では公開していない求人情報を教えてもらえなかったりするケースが考えられます。もし見捨てられていなければ、積極的に力になってくれるはずです。転職希望者の要求を聞かないのは、すなわち転職できる見込みがないと思われているということなのです。転職には労力が必要ですので、できるだけ次の転職先で長く働きたいかと思います。自分に合った企業に転職するためにも、要求を聞いてもらえない時点で、見捨てられていることを認識しましょう。

担当者の態度が良くない

担当者の態度が良くない場合、見捨てられていると判断できます。転職エージェントにとって、転職先の企業がクライアントであり、転職希望者は”商材”のようなものです。商材は自社の利益を増やすためには重要なものですので、基本的には大切に扱うはずです。しかし、そんな商材である転職希望者に良くない態度をとるということは、商材としての価値が低いと見なされているのです。この転職希望者を転職させてもあまり利益が増えない、そもそも転職できるレベルではない、というように考えていると、自然に態度が悪くなってしまいます。あからさまに担当者の態度が良くない場合は、見捨てられていると考えましょう。

転職エージェントに見捨てられる原因

転職エージェントに見捨てられる原因としては、次のようなものが考えられます。

転職を急いでいない

1つ目の原因は、転職を急いでいないことです。転職エージェントはすぐに転職する予定のない人でも登録でき、サポートを受けることができます。しかし、できるだけ多くの希望者を転職させて、企業から紹介手数料を受け取りたい転職エージェントにとって、すぐに転職する気のない人材は後回しにしたくなるのです。例えば、紹介した人材の年収の35%を手数料として受け取れる場合を想定します。その人材の年収が600万円とすれば、1人を紹介するだけで210万円の手数料を受け取ることができます。1ヶ月で3人転職させることができれば、630万円もの売上になります。このように、短期間で多くの人材を紹介すれば利益を増やせますので、転職エージェントはすぐに転職できる人を優先します。

希望条件が高い

2つ目の原因は、希望条件が高いことです。キャリアやスキルが不十分にもかかわらず、今の会社よりも高い給料を希望したり、良い役職を希望したりなど、身の丈に合っていない条件を設定してしまうと、中々求人が見つかりません。転職のプロフェッショナルである転職エージェントでも、あまりにミスマッチな求人を探すのは困難と言えます。転職エージェントはビジネスとして人材と企業を繋ぐ役割を担っていますので、「あなたのキャリアやスキルでは、この条件に合う求人が見つかりません」といったように直接的な言い方をすることはないでしょう。しかし、いつまでもミスマッチな求人を探し続けてくれるほど優しい人はいません。希望条件が高すぎると、見捨てられている可能性があることを覚えておいてください。

態度が好ましくない

3つ目の原因は、態度が好ましくないことです。転職エージェントに登録すると、面談をしてくれたり、求人案内のメールを送ったりしてくれます。面談で転職への意欲があまり感じられなかったり、メールに返信しなかったりすると、次第に担当者にも愛想を尽かされるでしょう。転職希望者の態度が好ましくないと、転職エージェントは、既に転職が決まったからレスポンスがないのではないか、転職するのをやめたから意欲が感じられないのではないか、といったように推測します。担当者は忙しい合間を縫って対応してくれていることを忘れてはいけません。態度が好ましくないと、見捨てられるのは当然のことです。

転職に不利な人材である

4つ目の原因は、転職に不利な人材であることです。たとえ転職する意欲があって態度が良くても、キャリアやスキルが不十分で、年齢的にも市場価値が低いと見なされると、見捨てられます。転職エージェントには企業に良い人材を紹介するという責任があり、決して誰でも良いわけではありません。もし紹介した人材が転職先でトラブルを起こしたり、仕事ができなかったりすると、企業からの信頼を失ってしまいます。そういったリスクを回避するためにも、スペックの低い人材を避けようとするのです。このような場合は、何かスキルや資格を取得して、少しでも自分の価値を高める努力が必要です。

転職したい理由が曖昧

5つ目の原因は、転職したい理由が曖昧なことです。転職理由を聞かれた際に、曖昧でネガティブなことを言うのはおすすめできません。例えば、「上司がなんとなく嫌だったから」「業務内容が自分に合わなかったから」といったような理由です。このような理由で転職したいと言われても、担当者としてはどのような求人を紹介すれば良いか分かりません。そのため、曖昧な理由で転職しようとしている人は、見捨てられる可能性が高くなります。本心はどう思っていても構いませんが、人前で転職理由を答える場合は、明確かつポジティブな内容にしましょう。例えば、「エンジニア職を続けながら、更なるキャリアアップを図るため、今よりも大きな企業に転職したい」「経理職として働きながら取得した税理士の資格を活かして、税理士事務所で働きたい」といったようなものです。こういった明確かつポジティブな理由であれば、見捨てられることはないでしょう。

提案された求人を連続で断る

6つ目の原因は、提案された求人を連続で断ることです。担当者は、転職希望者のキャリアやスキル、年齢、希望条件などを全て踏まえて、求人を紹介しています。そのため、紹介してもらった求人の中には、1つくらい応募してみたいと思える求人があるはずです。しかし、せっかく提案してくれた求人を連続で断っていると、担当者は「転職意欲がないのではないか」という判断をすることになります。応募して受からなかったのであればまだしも、そもそも応募すらしないというのは、やる気がないと受け止められても仕方がないでしょう。もし見捨てられていると感じているのであれば、これらの原因に思い当たるものはないか、今一度よく確認してみてください。

転職エージェントに見捨てられた時の対処法

転職エージェントに見捨てられた時の対処法としては、次のようなものが挙げられます。

担当者を変更してもらう

1つ目の対処法は、担当者を変更してもらうことです。自分の態度やキャリアなどに問題があれば仕方ないですが、そうではない場合、担当者に問題がある可能性がありますので、変更を依頼してみてください。最初の面談の時から無愛想だったり、全く希望していない求人を提案してきたりなど、明らかに担当者に問題があるケースもあります。そういった場合は、どれだけこちらが頑張っても意味がありません。ですので、サポートが不十分であることを転職エージェントに伝え、理由を明確にして変更してもらうようにしましょう。担当者の態度が良くないのあれば、我慢する必要はありません。他の担当者に変わったら見捨てられない可能性もありますので、変更を依頼するのがおすすめです。

希望条件を低くする

2つ目の対処法は、希望条件を低くすることです。より良い環境を求めて転職する方がほとんどかと思いますが、キャリアやスキル、年齢などの影響でどうしても希望通りの条件に当てはまる求人が見つからない場合もあります。希望条件を低くすることで、提案される求人の数が増え、担当者もやりやすいでしょう。どうしても譲れない条件を1つだけ残して、他の条件は妥協するというのも大切です。例えば、「残業時間が多い」という理由で転職を検討しているとします。こういった理由にもかかわらず、「給与アップ」や「役職アップ」などの条件も付け加えていると、中々求人が見つかりません。「人手が足りていて残業が少ない」という点だけを重視して条件を低くすることで、担当者が求人を提案しやすくなり、見捨てられなくなるでしょう。

転職意欲の高さをアピールする

3つ目の対処法は、転職意欲の高さをアピールすることです。転職エージェントに見捨てられているということは、転職意欲が低いと見なされているケースが多いです。ですので、こちらから積極的に連絡をして、転職する気があることを分かりやすく伝える必要があります。そうすれば、また親身になって相談に乗ってくれたり、新しい求人を紹介してくれたりする可能性が高くなります。転職に前向きで能動的に行動する人であれば、担当者も良い求人を一緒に探したくなるはずです。たとえ今見捨てられていると感じていても、転職意欲の高さをアピールすることで、信頼を取り戻すことが可能です。

提案された求人に応募してみる

4つ目の対処法は、提案された求人に応募してみることです。担当者がせっかく見つけてくれた求人を何度も断っていると、当然見捨てられます。ですので、たとえ自分の条件に合わない求人でも、応募だけしてみてましょう。応募したという実績があれば、転職にやる気があることを汲み取ってもらえます。内定が出た後に辞退することもできますので、まずは応募することが大切です。提案された求人に応募し、転職へのやる気をアピールしていきましょう。

転職エージェントを変更する

5つ目の対処法は、転職エージェントを変更することです。担当者を変えてもらったり、希望条件を低くしたりしても良い求人が見つからない場合、転職エージェントが合っていない可能性が考えられます。見捨てられているのは自分のせいだと思い込む必要はなく、転職エージェントを変えて上手くいく人もいますので、一度検討してみてください。例えば、第二新卒や若手向けの求人が多い転職エージェントに30代の中堅が登録しても、ほとんど意味がありません。自分のキャリアや年齢に合った転職エージェントに変更することで、見捨てられることなく、良い求人が見つかる可能性があります。どうしても転職先が決まらない場合は、転職エージェントを変更してみましょう。

転職エージェントに見捨てられないためのポイント

転職エージェントに見捨てられないためのポイントは、以下の通りです。

メールや電話の対応を丁寧にする

1つ目のポイントは、メールや電話の対応を丁寧にすることです。メールの返信や電話での受け答えを適当にしていると、転職する気がないと判断されてしまいます。求人に関するメールが来たら、すぐに返信をして、丁寧な言葉遣いを心がけてください。電話が来たら必ず出るようにして、どうしても出られない時は折り返し電話するようにしましょう。やる気がなくなった転職希望者はレスポンスが雑で遅くなる傾向にあり、転職エージェント側もそういった対応には慣れています。メールや電話の対応を丁寧にすることで、転職への熱意を伝えることが大切です。

いつでも転職できる旨を伝える

2つ目のポイントは、いつでも転職できる旨を伝えることです。転職エージェントとしては、すぐに転職できる人材を探しています。そのため、いつでも転職できるという旨を伝えることが大切です。1ヶ月後ではなく、明日にでも転職する気持ちがあると分かれば、担当者も前向きに職探しのサポートをしてくれるでしょう。伝える方法は、メールでも電話でも構いません。直接会って面談する際に伝えても良いですので、とにかくいつでも転職できる旨を伝えてください。

正しい経歴で登録する

3つ目のポイントは、正しい経歴で登録することです。これは当たり前のことだと思うかもしれませんが、中には経歴を偽って転職エージェントに登録する人がいるのです。例えば、偏差値45の大学を卒業して中小企業で働いていたにもかかわらず、偏差値70の大学出身かつ大企業で働いていたと申告するとします。すると、転職エージェントはその経歴に合った求人を紹介してくれますが、当然面接には合格できないでしょう。面接の際にレベルの低さを見抜かれて、転職エージェントに苦情が来ることも考えられます。そうなると、転職エージェントは自社の信頼を失ったことで、今後二度と求人を紹介してくれなくなる可能性があります。たとえ満足いくキャリアでなくても、正しい経歴で登録するようにしてください。

積極的に連絡を入れる

4つ目のポイントは、積極的に連絡を入れることです。転職エージェントからの連絡を待つのではなく、こちらからコミュニケーションを取ることが大切です。「前は希望勤務地を東京にしていましたが、今はどこでも可能です」「もう少し規模の大きい企業はありませんか?」といったように、自分の意志を伝えましょう。頻繁に連絡してくる人であれば、担当者も腰を据えて対応しようという気持ちになります。ただし、無駄に何度も連絡するのはやめてください。本当に聞きたいことや伝えたいことを整理して、積極的に連絡を入れるようにしましょう。

なぜ転職したいのかをしっかりと述べる

5つ目のポイントは、なぜ転職したいのかをしっかりと述べることです。例えば、「私は現在経理として働いており、様々な業務を担当してきました。日々働く中で、自分が経理業務を行うのではなく、他者が行った業務をチェックしたいという思いを持つようになり、会計事務所への転職を希望するようになりました。」といったようなものです。こういった理由の場合、明確な理由を持って会計事務所に転職しようとしていることが伝わりますので、転職エージェントの担当者も親身になってサポートしてくれるはずです。将来のビジネスプランを思い描き、そこに向かってどういったキャリアを積んでいく必要があるのかを考え、自分の中で整理してください。そして、なぜ転職したいのかをしっかりと述べるようにしましょう。

転職エージェントを変更する場合に確認すべきこと

見捨てられていると感じ、どうしてもその状況が変わりそうにない場合は、転職エージェントを変更しましょう。ただし、変更する場合に確認すべきことがあります。

転職エージェントの種類

まずは、転職エージェントの種類を確認しましょう。転職エージェントには種類があり、自分のキャリアやスキル、年齢に合ったものを選ばなければなりません。大きく分けると、様々な業界の求人を取り扱う大規模な「総合型エージェント」と、業界や地域に特化した「専門特化型エージェント」の2つがあります。総合型エージェントは大手企業が運営している場合がほとんどで、求人数が圧倒的に多く、新しい業界に挑戦できます。しかし、業界や地域の詳しい事情については、あまり分かっていない場合がありますので、注意が必要です。専門特化型エージェントは、業界、地域、年齢などに特化して転職希望者のサポートを行っています。業界や地域に詳しいアドバイザーから情報を提供してもらえるため、内定をもらえる可能性が高いと言えます。ただし、求人数が少ないため、ハイレベルなキャリアやスキルが求められるのも事実です。

サポートの具体的な内容

次に、サポートの具体的な内容を確認しましょう。転職エージェントが主に行うサポートは、企業への紹介、履歴書の添削、面接対策などです。他の細かいサポート内容はエージェントによって異なり、1人の担当者が長期間にわたって対応してくれる場合もあれば、短期間で担当者が変わってしまう場合もあります。履歴書を重視するエージェントは添削を丁寧にやってくれますし、面接を重視するエージェントは何度もリハーサルしてくれます。その転職エージェントが何を重視してサポートを行っているのかを事前に確認しなければ、登録した後に不満が出てくることもあるかもしれません。ですので、サポートの具体的な内容をしっかりと確認しましょう。

求人の件数

次に、求人の件数を確認しましょう。求人が多ければ多いほどチャンスが増えますので、できるだけ求人数の多い転職エージェントが理想的です。数の多さだけを重視するのであれば、総合型エージェントを利用するのが良いですが、より自分に合った企業を見つけるために、専門特化型エージェントを利用しても良いです。専門特化型エージェントの中でも、比較的求人数が多いエージェントはあります。規模が大きいほど求人数も多い傾向にありますので、専門特化型エージェントを利用する方は、規模の大きさも確認してください。なお、そのエージェントでしか応募できない求人がある場合もありますので、求人の件数と合わせてよく見ておきましょう。

担当者の対応

次に、担当者の対応を確認してください。転職エージェントにおいて、担当者と相性が合うかはとても重要です。登録したばかりの段階では分かりませんが、実際に初回の面談を行って担当者が決まったら、積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。何度かやり取りをすると、ある程度どんな対応をする人なのかが分かってきます。親身になって相談に乗ってくれて、良さげな求人を頻繁に提案してくれる人なら安心です。あからさまに態度が良くなかったり、サポートの質が低かったりする場合は注意が必要です。

レスポンスの速さ

最後に、レスポンスの速さを確認してください。登録後、こちらから質問や相談をした際に、どれくらいのスピードで対応してくれるかが重要です。例えば、急遽面接が決まった場合、連絡したらすぐに反応してくれて、数日後には一緒にリハーサルを行ってくれるような担当者がいるエージェントが望ましいでしょう。中には、初期の段階ではレスポンスが速いものの、次第に遅くなる転職エージェントも存在します。最初だけでなく、長期間にわたってレスポンスが速いエージェントを選びましょう。どれだけ速く対応してくれるかどうかが、転職の成功を左右すると言っても過言ではありません。

【最新版】おすすめの転職エージェント

上記を踏まえ、おすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

【最新版】おすすめの転職サイト

さらに、おすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

この記事では、転職エージェントに見捨てられる原因について、原因や対処法について詳しく解説いたしました。転職を急いでなかったり、希望条件が高かったりすると、見捨てられてしまう場合があります。担当者を変更してもらったり、希望条件を低くしたりすることで、対処することも可能です。しかし、どうしても状況が変わらない場合は、転職エージェントを変更しましょう。様々な種類の転職エージェントがありますので、自分に合ったエージェントを選び、見捨てられないように注意してください。

Photo by Izabelly Marques on Unsplash