公開日

2022/01/27

最終更新日

【ヤフー転職】就職難易度は難しい?採用大学は?ポテンシャル採用に成功する秘訣を解説!

「ヤフーに入社するにはどうすれば良いのだろうか」と疑問を持ったことがある人も多いと思います。実際、ヤフーへの転職は最低限の条件を満たす必要があり、難易度は決して低くはありません。中途からでも転職できることはありますが、苦労の末に就職できた人も多く、社員数は多くとも「狭き門」と言えるでしょう。本記事では、ヤフーへの転職難易度はどの程度なのか、中途や契約社員から正社員に転職する方法などをご紹介します。

・ヤフーへの転職は難しい?
・有名大学を卒業していないと就職できない?
・ヤフーの年収は高い?

こんな疑問を持っている人は、参考にして下さい。

ヤフーとは?

ヤフーとは、インターネット関連サービスを展開する米国のIT企業です。カリフォルニア州サニーベールに本社を構え、Webサービス以外にも複数のメディアブランドを運営しています。全世界でヤフーは普及しており、2021年からはアポロ・グローバル・マネジメントが50億ドルで買収し、所有権を保有しています。日本の【Yahoo! JAPAN】は、国内初の商用検索サイトであり、

・Yahoo!ショッピング
・Yahoo!メール

など様々なサービスを展開しています。

ヤフーに転職するのは難しい?募集している職種を整理

ヤフーへの転職は決して簡単ではありません。ヤフーはその名を知らない人はいないほど有名な企業で、年代を問わず、求職者からは非常に人気があります。現在、ヤフーでは主に以下の職種を募集しています。

エンジニア

エンジニアは、ヤフーの中心とも言える仕事です。専門知識や技術・経験が求められ、転職は簡単ではありません。そのなかでも特に中心となるのは、以下の職種です。

◆ アプリケーション・プラットフォーム開発領域

アプリケーション・プラットフォーム開発領域には、

・フロントエンド分野
・バックエンド分野
・ネイティブアプリ分野
・セキュリティ分野

と4つの分野があります。これらはYahoo! JAPANの様々なサービスやサービスを支える基盤システムの設計・開発・運用を行う領域です。多様な種類や規模のサービス、幅広い技術スタックに触れながら、開発だけでなくプロジェクトマネジメントなどエンジニアとして様々な形で成長していくことができるでしょう。

フロントエンド分野

Yahoo! JAPANにおける様々なサービスのフロントエンドの設計と開発を行います。ユーザーが安心かつ便利に利用できるサービスを提供するために、機能開発やパフォーマンスチューニングなどに取り組んでいます。

バックエンド分野

Yahoo! JAPANの様々なサービスのバックエンドや各サービスで共通で用いる基盤システム(広告配信、認証、動画配信など)の開発を行っています。データベースやプライベートクラウドなどの設計・開発・管理・運用もこの分野に含まれます。

ネイティブアプリ分野

Yahoo! JAPANの各サービスにおけるスマートフォンアプリ(iOS/Android)の開発を行います。ユーザーにとって利用しやすいアプリを目指した機能開発・運用・改善を担当しています。

セキュリティ分野

Yahoo! JAPANの様々なサービスの開発スピードを落とさずにアプリケーションのセキュリティ向上させるために必要なソリューションを検討し、開発や運用までをおこないます。認証やアクセス制御・データプロテクション・セキュリティ検査・サービスへの不正対策などについて、OSSやEnterprise製品を活用し、セキュリティ対策を担当しています。

◆ データサイエンス領域

ユーザー1人ひとりに合ったサービスを提供するために、Yahoo! JAPANの様々なサービスから得られる膨大な量のデータを活用します。大規模なAIシステムの構築や改善、データの分析、提案を行っています。ヤフーのデータサイエンス領域には、

・機械学習
・情報検索
・自然言語処理
・音声処理
・画像/動画処理

等があります。これらの技術は日々進歩しているため、

・論文調査
・国際会議への参加
・社内勉強会

などを通して、最新の知見を常にキャッチアップしながら実際のサービスに適用していきます。また、システムとしては、

・レコメンデーションシステム
・ウェブ検索や商品検索などの検索システム
・ユーザーへ提示する広告の最適化

などがあります。サービスの実現に必要なエンジニアリングといった技術的専門性に加え、ユーザー・サービス・ビジネスの深い理解や様々な関係者と協力しながら業務を進めることが求められるでしょう。

◆ データアナリシス領域

ユーザー・サービス・ビジネスへの深い理解や、様々な関係者と協力しながら業務を進めていくことが求められる領域です。Yahoo! JAPANでは様々なサービスから、日々膨大な量のデータが生まれます。このデータを分析し、社内外に事業上の課題の発見や改善プランの検討・提案を行います。

◆ インフラ領域

インフラ領域は、

・ハードウェア分野
・ネットワーク分野
・データセンター分野

の3つにわかれます。

ハードウェア分野

OS・カーネル・サーバー・ストレージなどの知識を用いたサービス基盤企画、設計、構築、運用業務を行います。国内最大級、数万台規模のサーバー運用をしています。

ネットワーク分野

Yahoo! JAPANのサービス基盤を支える大規模で先進的なネットワークの企画、設計、構築、運用業務を担当しています。また、BGP、MPLSを利用し、日本国内から海外へとキャリアレベルのバックボーンを自社運用しています。

データセンター分野

国内外に存在するデータセンターを最適に利用しながらサービスの提供を行っています。Yahoo! JAPANのサービスを支えるデータセンターの設計から運用業務を担当しています。それぞれが別々の仕事をしており、求められる作業内容は異なっており、そのどれもが経験が豊富な人でなければ務まりません。

ビジネス

ビジネス職に求められるのは、コミュニケーション能力やマーケティング力などです。専門的な知識よりはコミュニケーション能力が重視されることが大きいです。

・エンジニア
・デザイナー

と比べれば専門的な知識は必要ありませんが、よりヤフーに合った人材でなければ採用されるのは難しいでしょう。やる気や人間性をしっかりアピールし、入社後に戦力になれることを見せる姿勢が大切です。また、ビジネス職はかなりの数に細分化されており、自身の得意分野に応募することができます。細かな職種は、以下の通りです。

・政策渉外
・内部監査
・事業管理
・社内広報
・経理
・プロダクトプランナー
・ストラテジックプランナー

提案営業として以下のようなものもあります。

コマース営業

・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!

に出店しているストアの売上目標に対し、PDCAサイクルを効果的に回すために改善策の提案を行います。売上アップのために出店ストアと二人三脚で必要な販促をマーケティングやプロダクト部署と一緒になって作り上げていきます。売上の最大化を実現すべく、その他にも大手メーカー企業などとタイアップしたプロモーション企画の立案や広告営業も行います。

メディア営業

メディア営業のなかには、

・クライアント営業
・エージェンシー営業

があります。

クライアント営業

旅行や人材・金融・エンタメなど、幅広い業種業態のクライアントへ営業活動を行います。データを中心としたYahoo! JAPANの保有資産を最大限に活用してマーケティングコンサルティングを行い、クライアントの課題解決、ビジネス拡大を実現していきます。

エージェンシー営業

大手広告代理店から全国にある中小規模の代理店までをパートナーとして連携します。そして、その先にいるクライアントに対して、Yahoo! JAPANのトータルソリューションを活用し、広告主・代理店の課題解決に取り組みます。

デザイナー

ヤフーのデザイナーは、デザイン力だけではなく流行やユーザーの変化などをしっかりと感じ取らなければなりません。仕事内容としてはポータルサイトのデザインや各種サービスのデザインなど、ヤフーに関するあらゆるデザインを担当します。また、やみくもにデザインするだけではないため、変化を感じ取るためにユーザーの行動分析などをしっかり行わなければなりません。また、ヤフーのデザイナーの必須条件として、

・デザイン職の経験
・UI/UXデザインの経験
・コーディングの経験

が求められます。現在募集されているデザイナーの職種としては、

・UI/UXデザイナー
・UIデザイナー
・UXエンジニア
・オープンポジション

等があります。また、サービス開発として、コマース・メディア・金融などいずれかのサービス領域において、サービスの設計からリリース後の改善まで一連のPDCAを通じたデザイン業務を行います。

また、ヤフーでは採用に

・ポテンシャル採用
・キャリア採用

があります。それぞれの大きな違いは、

・30歳未満の人:ポテンシャル採用
30歳以上の人:キャリア採用

となる点です。また、ポテンシャル採用の場合、年間を通して採用を行っているのは4月と10月のみとなります。キャリア採用の場合、各部署に合ったスキルや資質を持っていることが必須条件となり、即戦力として期待されるでしょう。

ヤフーの平均年収

ヤフー・有価証券報告書によると、ヤフーの2020年の平均年収は1,105万円です。これは、IT業界の平均年収444万円と比べると、661万円も高い結果となります。また大手IT企業の楽天やメルカリなどと比べても300万以上多い結果となりました。では、職種や役職による違いはどのくらいあるのかを以下でご紹介します。

まず役職ですが、役職のない人や係長クラスでも500万~700万ほどあります。

・課長
・部長

になると900万や1,000万以上の人も珍しくありません。続いて職種ですが、クリエイティブ分野が一番平均では少なく530万円ほど。最も多いのはエンジニア分野で620万円ほどという結果となっています。

では、ヤフーはなぜここまで年収が高いのでしょうか。ヤフーの平均年収が高い理由は、同社の事業の収益性の高さにその一因があります。特に広告収入の利益は多く、全体の50.9%であり、2017年には広告収入3,000億円を突破しています。また、コマース事業も好調で、ショッピングを利用する人が増え続けているのが現状です。このように様々な事業を成功させており、尚且つ高利益率のビジネスをしているため、社員の年収を多く与えて満足させることができるのでしょう。

ヤフーに中途や契約社員から正社員になる方法

ヤフーに転職するには、

・中途からの入社
契約社員から正社員になる

という方法もあります。いずれにしても正社員として働くにはハードルが高く、簡単になることはできません。以下で中途採用について細かくご紹介します。先程もご紹介したように、ヤフーへの入社の方法は、

・ポテンシャル採用
・キャリア採用
・契約社員から正社員になる

という3つの採用方法があります。それぞれの転職の難易度や詳細は以下のようになります。

ポテンシャル採用

30歳以下の人がこのポテンシャル採用に当てはまります。ヤフー側が適性を判断して、将来のポテンシャルを感じとることができれば採用されるため、難易度は比較的高くないと言えるでしょう。経験やスキルが必要なのではなく、やる気や人間性を重視している採用ともいえます。ただし、

・自分がヤフーでどのような働きをしたいのか
・どのような強みを発揮できるのか

などをしっかりアピールする必要があるでしょう。採用されるための事前準備としては、

・自身の強みややりたいことを明確にすること
・職務経歴書の完成度をあげること

です。転職エージェントを利用すると、これらをサポートしてもらえるため、活用してみると良いでしょう。

キャリア採用

キャリア採用は、いわば即戦力を求めた採用方式のため、転職難易度は比較的高いです。

・自分の希望する分野に対してどのくらいの経験があるのか
・どのような貢献ができるのか

が最大のポイントとなるでしょう。また、前職でのマネジメント経験やリーダー経験があるとプラスに働きます。30歳以上の人はキャリア採用となり、年齢的にそれぞれ即戦力となるスキルや経験があるでしょう。そのため、そのようなライバルに負けないためには積極的に専門性や強みをアピールして、採用を勝ち取らなければいけません。書類・面接・スキル全ての準備をしっかりと行い、アピールすることでようやく採用を勝ち取れる可能性が出てくるでしょう。

契約社員

契約社員から正社員になることは不可能ではありませんが、かなり稀なパターンです。正社員として入社したいポテンシャル採用やキャリア採用を狙っている人がたくさんいる中、契約社員から正社員になる枠がそもそも少ないでしょう。その上、契約社員のなかにも正社員になりたい人は大勢いるため、そのなかから選ばれて正社員になるのはかなり難しいと思われます。

ヤフーに転職するための条件

ヤフーに転職するためには、以下のフローに沿って選考をおこないます。

選考1:応募
選考2:書類選考
選考3:面接・適性検査
選考4:技術試験

以上の選考に合格する必要があります。

面接

面接では、まず社風への理解が必要となります。1996年に設立したヤフーは、数多くのベンチャー企業がひしめくインターネット業界で、楽天とならび国内2強という圧倒的なポジションにあります。課題解決エンジンというコンセプトを企業のミッションとして掲げており、情報技術による様々な課題解決を通して社会貢献することを目指しています。

・インターネット広告事業
・オークションやショッピング等のイーコマース事業
・金融事業

などを中心に、日本最大級の利用者規模を誇っており、サービスの数も100以上となります。関わる事業規模の大きさは社員のモチベーションにもつながっているでしょう。また、ベンチャースピリットを大切にしていて、時代に先駆けた事業展開スピードが特徴です。「ベンチャー気質を持つ大企業」という二面性を合わせ持った風土であると言えるでしょう。設立からの歴史が比較的浅いからこそのフラットな組織ではありますが、人材育成については、

・人を育てて使う感じの職場では全くない
・中長期的に人材を育成する風土がない

という声もあります。

・上司と部下で週1回面談を行う「1on1ミーティング」
・社内異動申告制度「ジョブチェン」
・役職者全員で社員1人ひとりの育成を話し合う「人財開発会議」

など、独自の人材育成制度も整備されています。主体的かつ自由に挑戦できる風土の中で、「課題解決エンジン」としてのミッションに向かってスピーディーに業務に取り組み、情報技術をもって社会貢献する。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接ではみられるでしょう。また、社風が理解できたところで面接傾向も大切です。事業内容への理解はもちろんのこと、入社後に率先して事業を成功させていくことができるか、なにか変化を与えることができるのかなどを見られています。他にも、時間制限のあるなかでの自己PRや質問への回答など、論理的思考で物事を整理できるかどうかという資質も確認されるでしょう。

ヤフーになぜ転職したいのかを明確にする

ヤフーに転職するためには、他社との比較のもと、なぜヤフーが良いのかを答えられる必要があります。そのためには、ヤフーの社風や社内研究はもちろんですが、他社の社風・社内研究も必要となるでしょう。比較とする企業の詳細を知らなければ、なぜヤフーが良いのかは答えられません。とくに、

・グーグル
・楽天

などのヤフーと並ぶ競合に関してはしっかり調べておく必要があります。

ヤフーの面接で実際にあった質問

ヤフーの面接で実際にあった質問をご紹介します。

・ヤフーのサービスを改善する方法は?
・どうすればもっとオークションが伸びますか。
・これまでのキャリアを教えてください。

また、ヤフーが求める人物像は、以下のようになります。

自身でキャリア形成ができる人

ヤフーでは、チームの力も大切ですが、個人として問題解決や新しいことへの挑戦ができるような個の力が求められます。その裏付けとして、ヤフーでは多くの研修や経験を積む場所を用意し、個人の力の成長を促そうとしているのです。そのため、今までの仕事で個人として率先して行ってきたことや問題解決に向けて取り組んだエピソードなどがあれば、ヤフーに合っている人材だと判断してもらえることがあるでしょう。

責任感のある人

ヤフーでは様々な仕事があり、部署も多いため、自分の仕事への責任感、周りとの信頼関係が非常に大切となります。個の力は大切ですが、責任感がなく、信頼関係を築けない人は仕事を任せてもらえることもなく、孤立してしまう可能性もあるでしょう。また、仕事は必ず様々な部署との連携の上に成り立っています。そのため、他の部署との信頼関係やスムーズなコミュニケーションをとれることも重要です。マネジメント経験や、他の部署との橋渡しを経験してきては人は、積極的にアピールするようにしましょう。

協調性がある人

自分の意見ばかりを押し通そうとする人は、様々な人間がいるヤフーでは上手く機能しません。クライアントや他部署には、価値観や話の合わない人もいるでしょうが、そういう人たちとも上手く連携がとれることが望ましいです。

結局ヤフーへの転職はするべきなのか

結果的に、ヤフーに転職すべきかどうかで言えば、「人による」と言えます。先ほどお伝えしたようなヤフーが求める人物像に沿った人であれば、問題なく従事することもできるでしょう。しかし、求める人物像からかけ離れている人の場合、仮に入社できたとしても上手く溶け込むことができずに困ることが多いのではないでしょうか。また、大手であり社風からもわかるように、前向きに成長し続ける人材が求められます。そのため、

・成長し続ける
・勉強し続ける

ことに疲れてしまうような人もヤフーへの転職には向かないでしょう。ただし、労働条件は忙しいIT業界のなかでもトップクラスでホワイトだといえます。まず、労働時間が7時間45分となっており、フルフレックス制度を導入しているため、自由な働き方ができるでしょう。この自由な働き方というのも、社風の個の尊重があるからではないでしょうか。そして、福利厚生も充実しており、以下のようになります。基本的な福利厚生は以下の通り。

健康保険

ヤフーはYG健康保険組合に加入しています。

厚生年金保険

毎月、給与天引きで保険料の支払いが可能です。

確定拠出年金

確定拠出年金(日本版401k)とは、会社が掛け金を拠出し、加入者である社員が運用、運用結果次第で将来受け取れる年金が変動するという制度です。厚生年金と別途利用できる年金制度となっています。

その他

雇用保険、労災保険に加入しています。

法定外の福利厚生は以下のようになります。

通勤手当

月額15万円を上限として支給されます。ニュースなどでも取り上げられた、ヤフーの「新幹線通勤」は、通勤時間が往復2時間以上かかる従業員を対象に認められているのです。これは2016年のオフィス移転時から始まった手当となっています。なお、特急料金は補助費の対象にならないため実費です。

健康診断

年に一度、提携医療機関で健康診断が受けられます。勤務時間に受診することになっています。

育休・産休

豊富な育児、産休制度があります。

【マタニティー休暇】

 5労働日以内(産前休暇取得まで)出産前休暇に入る前、つわりなどが酷いときに取得できます。

【出産休暇】

産前休暇の前に7日間取得できます。

【産前産後休暇】

産前6週間(多胎妊娠の場合14週間)~産後8週間取得できます。

【育児休業】

子どもが1歳に達するまで取得可能です。保育所などが決まらない場合は2歳に達するまで延長することもできます。

【育児短時間勤務】

子どもが小学校を卒業するまで、1日労働時間を5時間に短縮することができます。

【育児時差出勤】

子どもが小学校を卒業するまで、1日あたり1時間半まで時差出勤することができます。

育児・介護

ヤフーでは週休3日制が取り入れられています。ただしこれは誰でも活用できる制度ではなく、

・子育て
・介護

など、家庭の事情でフルタイム勤務が出来ない事情がある社員を対象にしたものです。土日以外の休暇は無給になるので、給料の受取額が下がります。

社内部活動

ヤフーには様々な部活や同好会が存在し、会社から補助金も支給されます。仕事以外でコミュニケーションが取れるのは、信頼性の獲得やリフレッシュに繋がるでしょう。

資産形成支援

【株式累積投資制度】

毎月一定の金額を継続的に積み立てる形で買い付ける、株式投資の方法です。ヤフーでは、Zホールディングス株式会社の株式購入を給与からの積み立てででき、それに加え、会社から業績連動型での奨励金(15%~25%)が出ます。

社員食堂・カフェ

定食などのちゃんとした食事が楽しめる「BASE」と軽食やコーヒーなどが買えるカフェ「CAMP」で構成されています。BASEでは健康を意識した低カロリー定食、地域の食材を活用した特別メニューなど、種類がとにかく豊富です。また、価格も良心的で、ランチの定食はだいたい500円~600円代に設定されています。支払いは社員証で可能です。食器にICチップが入っているので、会計台にプレートを乗せれば自動で精算され、社員証をかざすだけで済むので、打ち合わせ前の急ぎの食事にも最適でしょう。ここでの会計は給料から天引きされます。

語学サポート

社内TOEIC IPテスト(オンライン)を半期に1回、会社全額負担で受験できます。自身の英語力を測ることを目的にしています。

【休暇制度】

土曜日祝日振替特別休日

祝日が土曜日にあたった場合、前日の労働日(通常金曜日)が振り替え特別休日になります。

サバティカル休暇

ヤフーで10年勤続した方は2~3ヶ月のサバティカル休暇が取得できます。一般的には無給のケースが多いのですが、ヤフーでは支援金として休み中に給料1ヶ月分をもらうことができるのです。多くの社員がこの制度を活用し、海外に留学したり、短期の学校に通ったりしています。

ヤフー転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ヤフー転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ヤフー転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ヤフー転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

ヤフーに転職するためには、自分の強みや貢献できる要素を積極的にアピールしていく必要があります。IT業界のなかでも絶対にヤフーに転職したいという熱意のある人は、是非転職を目指して自己分析や事前準備をしっかり行い、挑戦してみてください。