公開日

2022/06/27

最終更新日

【転職サイト女性】おすすめエージェント比較|未経験の20代・30代向けに選び方を紹介!

・女性の転職におすすめの転職サイトを知りたい
・女性の転職サイトを選ぶ上で注意したほうが良いことはあるのか
・女性の転職に対する不安を無くしたい

このような悩みを解決します。ライフスタイルの変化や今後のキャリア育成のために、転職を検討している女性も多くいるのではないでしょうか。本記事では女性が転職で活用することをおすすめする転職サイト、選ぶ上でのコツ、注意点を紹介していきます。特にこれから転職を検討しており、どのような基準で転職サイトを選び、活用していけば良いか悩んでいる人は参考にしてください。

【女性転職】おすすめ転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

女性向け転職サイトで意識しておきたい選び方

まずは女性向けの転職サイトを選ぶ上で、意識しておきたいことに関して紹介していきます。転職サイトにもそれぞれ特徴があるため注意が必要です。年代別に使った方が良いサイトや、業界・職種問わず見てみたい人向けのものから、看護師などすでに転職したい業界・職種が決まっている人向けのものまで幅広くあります。特に意識せずに選ぶと、後で「やっぱりもうちょっと考えてから決めておくべきだった」と後悔してしまうことに繋がります。事前に意識しておきたい選び方を把握しておくことで、のちの後悔を防ぐことが可能です。

求人数の多いサイトを活用する

まずは「求人数の多いサイトを活用すること」が重要です。転職サイトによって求人の種類や数が変わってきます。紹介している企業も、ある転職サイトには求人があっても、他の転職サイトにはないことなど多くあります。転職活動を効率的に進めていく上では、より多くの企業を確認することが重要です。より多くの企業を確認することで、自分にあった企業を見つける確率が高まります。求人数に関しては非公開にしている企業もありますが、大抵は各転職サイトのホームページで確認することが可能です。また転職サイトによって強みがあります。ただ求人数が多い転職サイトに登録するのではなく、自分が興味ある、転職を検討する業界・職種の求人をどれだけ紹介しているのか確認することが重要です。例えば、あなたがいくらデザイナー職の求人を検討していても、営業職特化の求人を強みとしている転職サイトに登録しても、満足に求人を探すことはできません。そのためまずは求人数が多い転職サイトを探し、その中でも自分が興味がある、転職を検討する業界の企業はどれだけ扱っているか、確認することが重要です。

転職サイトを使う目的をはっきりさせた上で選ぶ

転職サイトを使う際には、目的をはっきりさせた上で選ぶことが重要です。転職サイトでは求人紹介の他にも、イベントの開催や、相談などさまざまなサポートを受けることができます。しかし目的がはっきりしていないと、これらのサポートをどのように活用していくか判断がつかなくなってしまいます。そのためまずは何のために、転職サイトを使うのか意識することが重要です。例えば、転職を現時点では検討していないが、情報だけは仕入れたい場合、求人よりも転職活動の進め方・運営会社が開催するイベントへの参加を重点的に活用する方が、のちに生きてきます。また転職サイトによって、対象年齢や特化している業界は変わってきます。例えば、現在看護師で働いていて、転職しても看護師で働きたいという人が、総合型の転職サイトを使っても、あまり有益な情報を得ることはできません。それよりも看護師の転職特化型のサイトを活用したほうが良いです。その理由は「看護師特化の求人が多いから」です。看護師特化の転職サイトであれば、看護師の求人を一定数網羅しています。またサイトの担当者も元看護師であることも多く、より現場間のある転職アドバイスをもらうことができます。

サポートのコンテンツが充実しているか

転職サイトを選ぶ上で、サポートコンテンツの充実度をみることは重要です。転職サイトで得られるサポートは多少変わってきます。そしてサポートが充実しているサイトがある一方、あまりサポート体制が整っていないサイトもあります。以下のサポートは最低限あるか確認することが重要です。

  • 適性診断
  • プロのアドバイザーによるカウンセリング
  • 履歴書や職務経歴書などの書類添削
  • プロのアドバイザーからの面接対策
  • 内定後の条件交渉
  • 転職活動に関する悩みの解決

特にプロのアドバイザーによるカウンセリングは重要です。アドバイザーから転職に関して方向性のすり合わせや、面接までの対策などサイトだけでは得られないサポートを受けることができます。また履歴書や職務経歴書などの書類添削・面接対策は受けられるサイトを選ぶ必要があります。新卒の時には、大学のキャリアセンターなどで、書類添削・面接対策を行ってもらうことができました。しかし転職では、そのような環境はありません。家族や友人に確認してもらうのも良いですが、実際にあなたの書類や面接を見て選考の評価を出すのは企業の採用担当者です。そのため、書類添削や面接対策は転職サイトのアドバイザーにお願いするのが得策です。

キャリアアドバイザーに女性の転職ならではの相談が可能か

女性は産休や育休などライフスタイルが変化します。また現在は独身でも、いずれは結婚したいと考えている人も多いのではないでしょうか。その中で、転職における悩みも多いはずです。例えば、転職の面接の際に産休や育休に関して聞いた時に、選考通過率が下がってしまうのではないかという悩みです。結論、キャリアアドバイザーに女性の転職ならではの相談をすることは可能です。しかし、そのような悩みを男性のキャリアアドバイザーに相談するのは少し気が引けます。女性のキャリアアドバイザーもいるため、そのような悩みがある人は、転職サイトを活用する際に申し出てみることも重要です。特にキャリア形成をしていきたい女性にとっては、転職を考えている会社が女性のキャリア形成をすることができる会社なのかを見極めることは重要です。近年男女問わず成果を出すことで、昇格する体制に変化してきていますが、依然男性の会社員のほうが昇格において優遇される傾向にある会社も一定数あります。そのような会社に転職してしまえば、どんなに頑張って成果を出しても、役職につくことはできず、転職して損してしまいます。一度転職してしまえば、すぐに転職することは難しいため、そのような社風の会社に数年単位の長い期間在籍することに繋がります。そのようなことにならないよう、事前に転職希望の会社の社風などを、アドバイザーに確認しておくことは重要です。

20代女性向けのおすすめ転職サイト4選

次に年代別のおすすめ転職サイトを紹介していきます。まずは、20代女性向けのおすすめ4つの転職サイトです。20代は前半と後半で分かれます。20代前半は、一般的な社会人スキルや短い期間でどれだけのスキルを身に付けたかが問われます。20代後半になると、一定の社会人経験を積むことが可能です。人によっては、高い成果を出し始めるようになります。そのため20代後半の人材には、一般的なスキルだけでなく、実績とそこで得たスキルを転職先企業のどの部分で貢献することができるのかが求められます。それらのことを踏まえた上でおすすめの転職サイトを紹介していきます。

リクルートエージェント

まず紹介するのはリクルートエージェントです。

運営会社

株式会社リクルート

公開求人数

153,800件(2022年1月時点)

非公開求人

209,000件(2022年1月時点)

特徴

転職支援実績数NO1

リクルートエージェントは求人数10万人以上と、転職サイトで最も求人数が多い転職サイトです。リクルートエージェントは総合型の転職サイトですが、20代女性向けの求人も多いです。そのため20代女性は、「20代女性向けの求人」で求人を検索した上で探すことが重要です。またリクルートエージェントには、多くの非公開求人があります。公式で発表されている情報によると、リクルートエージェントでは公開求人よりも、非公開求人の方が多くあります。そのため登録することで多くの求人数を確認することができ、より効率的な転職活動を進めることが可能です。またリクルートエージェントは、運営母体が株式会社リクルートとしっかりした会社です。長い実績がある分、他の転職サイトと比較しても充実したサポートを受けることができます。そのため、複数転職サイトを登録する場合でも、そのうちの1つとして活用することが重要です。

マイナビエージェント

次に紹介するのが、マイナビエージェントです。

運営会社

株式会社マイナビ

公開求人数

約33,900件(2022年1月時点)

非公開求人数

約33,400件(2022年1月時点)

特徴

より自分にあった業界・職種への転職をサポート

新卒就活の際にマイナビを利用していた人は多いのではないでしょうか。マイナビエージェントは、転職サポート大手として手厚いサポートが期待できる転職サイトです。マイナビエージェントに登録すると、専門のアドバイザーから多くのサポートを受けることができます。アドバイザーとの相談の中で、あなたの現状および、各業界の現在の転職事情を踏まえた上でアドバイスをもらうことができます。基本的な転職サイトでアドバイザーは1人ですが、マイナビエージェントでは各企業の担当者がアドバイザーとは別で在籍しています。企業のネットの情報はリアルタイムのものではなく、少し時間がたった後の情報のため、少し情報の鮮度が落ちます。しかし各企業担当から得られる情報は、リアルタイムのものが多いため、常に鮮度が良い情報を得ることができます。また各企業担当者はそれぞれ企業の人事と繋がりがあるため、ネットでは得られない情報を入手することができます。

リクナビネクスト

次にリクナビネクストについて紹介していきます。

運営会社

株式会社リクルート

公開求人数

約53,000件(2022年1月時点)

非公開求人数

非公開

特徴

全求人数の内、85%が独自の求人

リクナビネクストは、リクルートエージェントと同様、株式会社リクルートが運営する転職サイトです。リクナビネクストの特徴は3点です。1点目は、「全求人数の内、85%が独自の求人であること」です。多くの企業は複数の転職サイトに登録しています。そのため、とある転職サイトで掲載されている求人を別の転職サイトで見つけることは可能です。しかしリクナビネクストに掲載されている求人は、85%が独自の求人であるため、リクナビネクストに登録していなければ、応募することができない求人が多くあります。2点目は「充実したスカウト機能を利用することができる」です。リクナビネクストでは、登録の際に職務経歴や転職希望条件を匿名で登録することができます。そこで登録された情報をもとに、企業からオファーをもらうことができます。企業の側もあなたのキャリア情報を確認した上で、オファーを送ってきているため。その後の選考通過率のアップ、条件の良い求人に出会える可能性が高いです。3点目は、「女性の転職特集を確認できること」です。リクナビネクストでは、「女性の転職特集」という特集が組まれています。「女性の転職特集」では女性の求人に特化した求人が紹介されています。その中では産休・育休を管理職になった後でも取ることのできる求人など、女性がキャリア形成していく中で、不安に思うことを解決できるよう作られています。

パソナキャリア

次にパソナキャリアに関して紹介していきます。

運営会社

株式会社パソナ

公開求人数

約40,000件(2022年1月時点)

非公開求人数

非公開

特徴

7割近くの人が年収アップの転職

パソナキャリアでは通常の求人だけでなく、年収800万円以上のハイクラス人材の転職までサポートを行っています。転職を検討する以上、少なからず収入を上げたいと考える人は多いはずです。しかし実際のところハイクラスの転職は、同様に選考を受ける人材も多く、厳しいのが実態です。しかしパソナキャリアでは、これまで25万人を超える人の転職サポートを行っているなど、非常に高い転職支援実績を持っています。それだけ多く転職希望者のサポートを行っているのは、データが集まっていることになります。またパソナキャリアの年収アップ率は67.1%であり、多くの人が年収アップを期待することができます。またパソナキャリアでは、女性向けの転職実績も豊富にあります。そのため、女性の転職でどの部分に注意して、成功する人にはどのような特徴があるのか知ることができます。

30代女性向けのおすすめ転職サイト4選

近年では30代で転職を経験する女性も増えてきています。30代は一定の社会人経験を積みながら、仕事においてプロジェクトなどで責任ある仕事を任される機会も増え、スキルも高くなってきている頃です。その中でこれからのキャリア形成をどうしていくかを考えた際に、転職を検討する人も多いのではないでしょうか。また一般的には35歳以上の転職は難しいと言われています。そのため、まだ転職がそこまで難しいと言われない30代前半の段階で、転職を検討し活動し始める人が多いようです。30代になると、結婚し子供も生まれるなど、自分の今後のライフスタイルやキャリア形成をしやすくなる頃です。その中で今後の自分のキャリアを形成していく手段の1つとして、転職という選択肢を選ぶことになります。ここではそういった30代女性におすすめな転職サイトを、4選紹介していきます。

doda(デューダ)

まずはdodaに関して紹介していきます。

運営会社

パーソルキャリア株式会社

公開求人数

約100,000件(2022年1月時点)

非公開求人数

非公開

特徴

転職サイト大手の持つ圧倒的な求人数

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。dodaの特徴としては、約10万件以上と業界トップクラスの求人数があります。求人数が多いというのはそれだけ、自分に合った企業を見つけられる可能性が高いです。またdodaでは定期的に転職イベントを実施しています。そのためネットだけでは取りきれない情報に関して、イベントで確認することもできたり、その場で面接に臨むことができる可能性もあります。

マイナビ転職 女性のおしごと

次にマイナビ転職 女性のおしごとを紹介していきます。

運営会社

株式会社マイナビ

公開求人数

非公開

非公開求人数

非公開

特徴

マイナビが運営する女性向けの転職サイト

マイナビ転職 女性のおしごとは、女性向けの求人に特化した転職サイトです。女性向けに作られているため、産休や育休、女性のキャリア形成など、女性のライフイベントに合わせた求人が探しやすくなっています。求人数は公開・非公開ともに非公開ですが、株式会社マイナビが運営する転職サイトのため、サポート・求人数ともに信頼性の高い転職サイトです。

ビズリーチ

次にビズリーチに関して紹介していきます。

運営会社

株式会社ビズリーチ

公開求人数

73,779件

非公開求人数

非公開

特徴

ハイクラス向けの転職サイト

ビズリーチは年収1000万円以上のハイクラス転職に特化した転職サイトです。ハイクラスな求人を主に扱っているため、他の転職サイトと比較してもハイクラスな仕事を見つけやすいです。ビズリーチは年収1000万円以上の求人が、全求人数12万件以上の内、3分の1以上あります。またビズリーチでは初回登録時に、あなた自身の職務経歴やスキルを入力する項目があります。その中で企業が確認して、必要な人材だと判断されれば、スカウトを受けることも可能です。ビズリーチには一流企業も多く登録しているため、あなたが入力した登録内容次第では、かなりの好条件でスカウトを受け、選考に進むことが可能です。ビズリーチに登録する情報は、一流企業からのスカウトに繋がる可能性もあり、入力する職務経歴やスキルはしっかり整理した上で行うことが重要です。

女の転職@type

次は女の転職@typeに関して紹介していきます。

運営会社

株式会社キャリアデザインセンター

公開求人数

約1,500件

非公開求人数

非公開

特徴

女性向け特化型の転職サイト

女の転職@typeは女性向け求人特化の転職サイトです。女性に向けた求人に特化しているため、女性ならではの転職に対する需要に答えた求人が多くあります。そして求人の情報が非常に細かく記載されており、それぞれの企業の特徴を把握しやすくなっています。また求人検索を行う際にも、「土日祝休み」や「残業ほとんどなし」といった項目の他に、「育児と女性管理職」といった項目もあり、女性転職のさまざまなニーズに答えた検索機能にもなっています。

40代女性向けのおすすめ転職サイト2選

40代は社会人として多くの経験を積んでおり、自分の更なるキャリアアップを目的に転職を考える人も多いのではないでしょうか。20代や30代と比較すると求人数は少なくなりますが、40代の求人も多いです。40代で転職活動をする方には、転職サイトの選び方に注意が必要です。転職サイトの中には20代・30代の若手人材向けのサイトもあり、そこに登録してしまうとあまり有意義な情報を得られないまま転職活動を進めてしまうことになります。ここでは40代向けの転職サイトに関して2点紹介していきます。

FROM40

最初にFROM40に関して、紹介していきます。

運営会社

株式会社ダトラ

公開求人数

約3,000件以上

非公開求人数

非公開

特徴

40代・50代専門の転職サイト

FROM40は名前の通り、40代・50代を専門とした転職サイトです。20代・30代はその時にスキルがなくても、入社してからの活躍に期待して採用される場合があります。一方40代以上になると、転職で求められる水準も高くなり、そのような長い目での活躍には期待されていません。そしてネットでは20代・30代向けの転職ノウハウは多いですが、40代以上になると転職ノウハウはあまりないのが実態です。しかしFROM40では40代以上の転職希望者向けの転職ノウハウも、十分に用意されています。40代になると責任ある仕事も多く任されるようになったり、プライベートでも忙しくなったりと、転職活動にあまり時間を割くことができない場合も多いのではないでしょうか。そんな方のためにFROM40では、スカウトサービスが用意されています。スカウトサービスはあなたのこれまでのスキルやキャリアを登録しておくことで、その要件にマッチした企業があなたをスカウトするというものです。40代以上を専門とした転職サイトはあまりないため、複数利用する中でも登録しておくと、有意義に転職活動を進めていける可能性が高まります。

iX転職

次にiX転職を紹介していきます。

運営会社

株式会社パーソルキャリア

公開求人数

非公開

非公開求人数

非公開

特徴

ハイクラス向けの転職サイト

iX転職はヘッドハンターや企業から直接スカウトを受ける形の、ハイクラス向けの転職サービスです。より高い年収を目的に転職をしたいと思っても、現職やプライベートの忙しさから、転職活動をする時間が取れない人も多いのではないでしょうか。iX転職ではヘッドハンターが、あなたと企業の面接調整や連絡を代行してくれるため、応募や企業を探す手間を省くことができます。そしてヘッドハンターも転職のプロなので、スカウトを受けた企業は高い確率で、選考を通過することができます。iX転職でより良いスカウトを得るためには登録する情報が重要です。あなたがこれまでのキャリアの中で培ってきた、スキルや実績を整理して、ヘッドハンターの目に止まるようにすることで、より重要ポジション・高待遇でのスカウトを受けることができます。

女性の転職におすすめの職種5選

ここまで20代30代の女性に向けた転職サイトを紹介してきました。例えば、すでにどのような職種や業界にいきたいのか決まっている人は別として、転職は検討しているけれど、どのような職種や業界にいけば良いのだろうと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ここでは女性が転職するのにおすすめの職種を5つ紹介していきます。一度転職活動を始めてしまうと、途中で興味のある職種が出てきても、簡単には方向転換できません。それぞれの職種の特徴やメリットを把握した上で、選ぶようにしましょう。

マーケティング・企画職

マーケティング・企画職は、企業が参入している、もしくは検討している市場のニーズに関する調査を行い、自社が手がける商品やサービスのマーケティングや企画を行う仕事です。マーケティングと企画職は同じ部署になっていることもありますが、企業によってはマーケティング職と企画職が別々になっている場合もあります。営業職は既存の商品を顧客との商談を通じて、売上に変えていきます。しかしマーケティングや企画職は、市場の変化から自分の会社が取り残されないように常に新しいサービス・商品を展開できるようにする必要があります。そのためマーケティングや企画職に向いている人は、最新の情報を知ることが好きな人や、それらの情報を使って仕事に繋げられる人です。例えば、SNSなどで最近のトレンドを把握して、実際に足を運んでリアルタイムの情報を掴むことが好きな人は、向いている可能性が高いです。またマーケティングや企画職は自分達が携わった仕事が、大きな成果として返ってくることが多いです。立ち上げるまでは大変なことも多いですが、プロジェクトを完了して成果に繋げることができた時、達成感や感動に繋がりやすいです。そして何よりマーケティング・企画職で活躍している女性は多くおり、転職後も不安を感じることは他の職種に比べて少ない可能性が高いです。

事務職

事務職は社内の経営をサポートする重要な役目を持っています。事務職は職場によってはスキルが求められる・経験者限定の条件がつく場合もありますが、未経験でも始めやすくなっています。事務職の勤務地は基本的に事務所になり、主に来客対応や電話対応その他、PCでの資料や打ち込み作業です。事務職の動きによって、営業職など他の職種の動きが変わってくるため、非常に責任感のある仕事です。事務職は事務所で勤務するため、スキルがつかないと思われがちですが、来客対応やPCでの作業があるため、ビジネスマナーやPCといった各種スキルを身に着けることができます。

経理

経理は会社のお金全般を扱う仕事です。経理の仕事は会社にとっては必要不可欠な存在であり、会社の規模の大小にかかわらず、仕事は存在します。経理の仕事には出入金の伝票整理・備品の購入・決算書の作成など、経理に関わる仕事は非常に幅広くあります。経理は仕事中ずっと会計関連の情報と向き合っているため、会計関連の知識・スキルを鍛えることができます。また経理の仕事は短期間で身につけることはできません。しかし経理の仕事は会社にとっては必要不可欠であるため、求人の需要がなくなることはありません。また未経験から始めるのは非常に難しく、経理の仕事ができる人は人手不足にもなっています。そのため現職でしっかりと経理として働いていた人は、転職市場でも高い需要があります。現職で経理として勤務していて、どれだけのスキルや経験を積み上げてきたか説明することができれば、現職よりも高待遇で転職できる可能性が高いです。そのため、現職で経理として働いている人は、更なるキャリアアップの1つとして、経理の転職を検討すると良いのではないでしょうか。

公務員職

公務員職もおすすめの職種の1つです。公務員には国家公務員・地方公務員があります。公務員は民間企業と比較しても、福利厚生が充実しており、仕事やプライベートも充実させやすい環境が整っています。また近年では民間企業出身者も積極的に採用しており、社会人経験の採用試験もあります。公務員は部署によっては激務・過度な残業のある部署も存在しますが、基本的には残業も多くなく、休日もしっかりとれる環境になっています。公務員は民間とは異なり、公務員試験に合格する必要があります。いかなる公務員でも試験には一定の難易度があり、対策なしでは合格することは難しいです。そのため一定の勉強時間の確保が必要になってきます。比較的勉強することが苦にならない、地域貢献できる仕事をしていきたい、ライフワークバランスを充実させたいという人は、公務員は向いている職種の1つです。

在宅勤務ができる職種

女性は特に結婚や出産・育児によって、生活環境が変わってきます。近年は出産・育児休暇などの制度も整えている企業も増えつつありますが、まだ整っていない企業も多くあるのが現状です。また制度として整ってはいても、実際には休暇を取れないといった風土の企業もあります。そのように出産・育児といった生活環境の変化がある中でも、仕事とプライベートの両立がしやすいのも在宅勤務の特徴の1つです。在宅勤務であれば、事務所出勤と比較しても、出退勤にかかる時間がない、子供の急な状況変化に対しても対応しやすいといった面から在宅勤務に対する希望も増えてきています。特に近年は在宅勤務を取り入れる企業も増えてきており、エンジニアやデザイナーなどの職種は在宅勤務がしやすい職種として人気を集めています。エンジニアやデザイナーといった職種は、現在市場でも人手不足と言われており、収入が上がりやすい職種でもありますが、すぐになることはできません。特にエンジニアは一定のスキルを身につけることが必要です。未経験でエンジニアを中途で採用する企業はあまりないため、プログラミングスクールに通うなどして、スキルを習得することが重要です。もしエンジニアやデザイナーとしてのスキルを身につけ、現場を経験していけば、いずれはフリーランスとしても働くことができるようになってきます。

女性向け転職サイトを上手に使うコツ

転職サイトでは転職に成功するためのサポートが充実しています。しかしサポート内容も非常に多いため、どのように活用していこうか悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは女性向けの転職サイトを上手に使うコツに関して紹介していきます。ポイントを押さえておくことで、より効率的に転職サイトを活用することができるようになります。

複数の転職サイトを利用しよう

転職活動の際に1つの転職サイトしか使わない人がいますが、非常にもったいないです。転職サイトは数多くあり、それぞれ特徴や独自の求人・サポートがあります。理想は2社から4社の複数のサイトを登録することがおすすめです。またこの複数のサイトというのは、どの転職サイトでも良いのではありません。転職サイトには総合型と特化型に分かれています。総合型とは、リクルートエージェントやdodaのように幅広い業界の求人を扱っている転職サイトのことです。総合型は幅広く求人を用意しているため、特に転職したい業界や職種が決まっていない人にとっては多くの選択肢を取ることが可能です。一方、特化型とは看護師専門のマイナビ看護師、Web・IT・ゲーム業界特化のギークリなど特定の業界職種の求人を専門に扱う転職サイトです。全体の求人数は総合型と比較すると少ないですが、特定の業界・職種においては、総合型よりも特化型の求人数の方が多い傾向があります。そして特化型は特定の業界・職種を専門としているため、在籍しているアドバイザーもその業界で人事担当者を経験していた人材である可能性が高いです。そのため、特定の業界・職種に転職したいと考えている人は、特化型の求人を活用することで、より具体的な対策を打つことができるようになります。そして転職活動する上では、総合型・特化型両方の転職サイトに複数社登録することが重要です。その理由は両方活用することで、それぞれのメリットを活用することができるようになることです。特に転職したい業界・職種が決まっていない人でも、興味の業界があれば、特化型を使うことで、自分だけでは知ることができなかった業界・職種の魅力を知ることができるようになります。

譲れない条件を決めておく

転職サイトを検討する前に、譲れない条件を決めておくことは重要です。譲れない条件とは、例えば以下のようなものがあります。

  • 残業は極力したくない
  • 産休・育児休暇が取りやすい求人を見つけたい
  • 面接対策が充実している転職サイトを使いたい
  • 年収を少しでも上げられる転職活動をしたい
  • アフターフォローが充実している転職サイトを使いたい

例えば面接対策が充実している転職サイトを使いたいと考えるのであれば、転職サイトのホームページや口コミなどで、面接対策に力を入れている転職サイトに登録するのが得策です。また年収を少しでも上げられる転職活動をしたいのであれば、ビズリーチのようなハイクラス専門の転職サイトや、リクナビエージェントやdodaといった求人数の多い転職サイトを使うことが理想です。産休・育児休暇を取りやすい企業の求人が充実していることであれば、女性の転職に特化した転職サイトを利用することが重要です。それぞれの転職サイトで、強みとしているサポートや求人は異なるため、自分の譲れない条件を明確にした上で、利用に踏み切ることが有効な活用の第一歩です。

自分のスキル・経験を整理しておく

どのような状況であっても、中途採用で重視されるのは、その人材が「即戦力」になるかです。即戦力になれることを示せるのは、現職でのスキルや経験が基準になります。そのため、転職サイトを活用する前に、自分のスキルや経験の棚卸しをしましょう。具体的には自分のこれまでの仕事を振り返る必要があります。自分が現職で行ってきた仕事を振り返り、その中でどのような実績を出してきたのか、壁に当たったことは何か、そこから何を得ることができ、どのようなスキルを習得できたのかを順に整理していくことが重要です。そしてその経験から得たスキルを転職先の会社でどのように活かすことができるのか、転職先で働くイメージをつけながら考えることで、即戦力であることを示す説明ができるようになります。また壁に当たった経験も重要になります。仕事をしている以上、トラブルや失敗など、壁に当たることは日常茶飯事です。採用担当者が転職希望者に対して不安を持つことの1つに「途中で投げ出さない人材か」という点です。壁に当たってすぐに投げ出してしまう人材は即戦力にはなりません。逆に壁に当たっても冷静に対処して、事態を収集することができる人は、転職先の会社でも即戦力になると考えられる1つの要素になります。そのため自分がこれまで壁に当たった経験を整理し、その場面をどのような形で対処し、解決していったのか説明できると、より具体性を持たせることができます。それらを整理した上で転職サイトを活用すると、自分がどのような企業でどのスキルや経験が即戦力として活かせるのか進めることができます。またアドバイザーと相談する上でも、何も整理しないで臨んだ場合より、準備した上で相談した方が、より効率的に転職活動を進めることが可能です。

企業とのやり取りは丁寧さを心がける

転職活動を行う上で、企業とやり取りする機会は多くあります。転職活動では、あなたという商品を企業に売り込んでいる以上、やり取りを丁寧に行うことが求められます。特に以下の点は注意が必要です。

  • 最低限のビジネスマナー
  • 言葉遣い(敬語の使い方)
  • 書類の書き方
  • 面接時の話し方
  • 来社した際の挨拶
  • 謙虚な姿勢

これらのことは意識すれば誰でもできる分、できていなかった時の採用担当者の心証は、特に悪いものになってしまいます。特に採用担当者は中途採用で、良くない人材を入れるわけにはいかないため、あなたの一挙一動をよく見ています。そのため、服装から言葉遣い、来社時の挨拶や面接時の話し方など極力丁寧さを心がけることが重要です。また謙虚な姿勢で対応する必要もあります。あなたがどれだけ高い実績を持っていたとしても、横柄な態度で面接に臨んでしまえば、採用担当者は不安になります。その横柄な態度の状態で職場に配属されれば、上司や同僚との人間関係悪化に繋がる可能性があるためです。そのため、あくまで謙虚な姿勢で転職活動に臨むことが重要です。

女性特化の転職サイトを使う5つのメリット

ここでは女性特化の転職サイトを使うメリットに関して、4つ紹介していきます。転職サイトには多くの種類があり、女性特化の転職サイトは、他の転職サイトと何が違うのか気になる人も多いのではないでしょうか。女性特化の転職サイトが他の転職サイトと比較して、どのような面が異なるのか、具体的に解説していきます。

産休や育休など女性転職ならではの悩みを相談・解決しやすい

1つ目は、産休や育休など女性転職ならではの悩みを相談・解決しやすいことです。他の転職サイトでも産休・育休制度がある企業はどこか明記されています。しかし実際のところどの程度運用されているのか、それらの休暇が取りやすい企業は何処かなのか、細かい部分では明記されていないです。その点、女性特化の転職サイトであれば、産休・育休制度が充実している企業を中心に紹介しているため、転職してからも後悔するリスクが低くなります。それができる理由は女性特化の転職サイトは、女性が転職するのにベストな求人が用意されているからです。もし求人の中で産休・育休制度があるものの、実際には取れない・取りづらいといった企業があれば、その転職サイトの利用者は減ってしまいます。そのため、女性転職ならではの悩みを解決できる求人が揃っているのです。

女性管理職などハイクラスの転職を目指せ、キャリア形成しやすい

近年は男女問わず管理職につく人材が増えてきているものの、企業によってはいまだに男性しか管理職に慣れないようなところもあります。通常の転職サイトだと、女性が管理職などキャリア形成しやすいかどうか判断することは難しいです。しかし女性特化の転職サイトであれば、女性管理職などハイクラスな転職を目指せる求人を見つけることが可能です。ここももし、女性特化の転職サイトで、女性がキャリア形成しづらい転職先企業を入れていたら、その転職サイトの利用者が減ってしまいます。そのため、実際に女性が活躍していて、一定数の女性管理職が在籍している企業が多く登録されています。また女性特化の転職サイトであれば、過去に同じような転職をした登録者もいるため、その経験談などを聞かせてもらうことができます。経験者の話を聞くことで、実際に入社した際にどのようにキャリア形成していくか、ロードマップを描くことができるようになります。

女性が安心して働ける人気の仕事を見つけやすい

女性特化の転職サイトであれば、女性が安心して働ける人気の仕事を見つけやすいです。その理由は2点です。1点目は、「転職サイトの信頼性」です。企業の中にはいまだに、女性社員にセクハラをする、正当な評価をしないといった企業があります。女性特化の転職サイトであれば、そのような女性が安心して働ける会社を用意することが信頼・会員獲得の道になるため、他の転職サイトよりも安心ができます。2点目は、「登録する企業」です。女性特化の転職サイトに登録している企業は、少なからず女性社員の力を必要としています。そこで女性に対して不当な扱いをしていては、女性の入社数が減っていってしまいます。特に現在はSNSの発展により、悪い噂はすぐに広まってしまいます。企業も転職サイトに求人を出すのは安くありません。そのため、女性特化の転職サイトに登録している企業は、女性が安心して働ける人気の仕事である可能性が高いです。

担当者が女性である可能性が高く、相談しやすい

女性の転職には女性特有の悩みがあります。男性アドバイザーにそのような悩みを話すのは、気がひけるのではないでしょうか。転職活動を効率的に進め、成功するためには、アドバイザーとの関係性が重要です。そのため、もし女性特有の悩みを抱えていて、男性アドバイザーだとやりづらい場合には、女性アドバイザーについてもらうことが重要です。しかし通常の転職サイトだと、女性アドバイザーよりも男性アドバイザーがつく可能性の方が高いため、男性アドバイザーがついた場合、変更してもらうための労力と、精神的なプレッシャーがかかってしまいます。一方で、女性特化の転職サイトでは、女性アドバイザーが専任でつく可能性が高いです。女性アドバイザーであれば、あなたが抱えている悩みに対して、これまで同じ悩みを抱えた経験を持つかもしれません。そのため真摯に相談に乗ってくれます。もしあなたが転職において、自分では解決できない悩みがあれば、アドバイザーに相談してみることも1つの手です。アドバイザーはこれまでにも多くの転職希望者に対する相談・アドバイスを行ってきています。その中で同じような悩みの相談も受けているはずです。その同じような悩みを持っていた人が、どのような悩みを持っていて、どのように解決していったのか聞くことで、解決の糸口を見つけることができるようになります。

書類審査や合格するためのポイントを知ることができる

転職サイトの担当者は、企業の人事担当者とより深く結びついている可能性が高いです。そのため企業の人を採用するポイントを把握している場合があります。特に女性特化型の転職サイトでは、過去に多くの女性を転職成功に導いているため、書類審査や合格するためのポイントを押さえています。そこで女性特化型の転職サイトを活用することで、より効率的に転職活動を進めることができます。

女性の転職で注意するべきこと10選

転職活動する上で事前に注意するべきことに関して紹介していきます。転職には注意点がいくつかありますが、女性の転職ならではの注意点があります。この注意点を意識せずに転職活動を行ってしまうと、のちにトラブルに発展したり、転職活動がうまくいかない事態にも繋がってしまうこともあります。特に転職活動をする前に注意しておくことはないか、不安に思っている人は参考にしてください。

希望しない求人は断る勇気を持つ

転職サイトを使って転職活動を進めていると、転職サイトから多くの企業提案がきます。転職サイトもあなたの希望と適正を考えて提案しているのですが、それがあなたが転職したい企業になるとは限りません。せっかく提案してくれたからといって、応募するのは控えることが重要です。特に希望していない求人に、選考を受けて仮に通過してしまったりすると、変に保険ができてしまい、その後の転職活動がやりづらくなってしまいます。また選考を受けるということは、それだけ活動のための時間がかかります。そうすると、本来選考を受けたい企業の対策に割ける時間がなくなってしまいます。結果、企業もあなたも転職サイトも損をしてしまいます。そのようなことにならないよう、希望しない求人であれば断ることが重要です。

自分のライフイベントは必ず事前に伝えておく

自分のライフイベントは必ず転職前に、人事担当者に伝えておくことが重要です。例えば、毎月必ず来ることや結婚、出産の予定などあれば、事前に伝えておくことで、転職先に配属された後にスケジュールを組みやすくなります。逆に伝えておかず、いざ入社した際に急に話をされても、職場もその場で対応する必要が出てきてしまいます。ライフイベントを事前に伝えることで、選考に不利になることは基本的にありません。逆にライフイベントを伝えたことで選考に不利になる企業であれば、実際に入社した後、女性にとって働きづらい環境である可能性が高いため、伝えることを気にする必要はありません。

スキルの蓄積やキャリア形成しやすい仕事を選ぶ

もしあなたがこれから管理職や独立など、明確なキャリア形成するビジョンがあれば、スキルが蓄積しやすい仕事を選ぶことが重要です。例えば転職したとしても、基本的な事務作業しかできない職場であれば、どれだけ長く在籍していてもスキルが蓄積されることはありません。特に女性に責任ある仕事をさせないような職場であれば、より仕事をしていてもその期間が損失になってしまいます。そのため、仕事を選ぶ際にも女性が責任ある仕事を任され、活躍している企業を選ぶことが重要です。具体的には企業の情報を確認し、そこで働いている人で、女性が多く活躍している職場はどこか判断することです。ネットの情報だけでは不安であれば、転職サイトのアドバイザーに確認してみることが重要です。アドバイザーであれば、企業の人事とも繋がりがあり、その企業の実情もある程度理解しているため、確認を取ることでその企業の女性がどれだけ活躍しているのか知ることができます。

転職サイトと転職エージェント両方利用する

転職には転職サイトと、転職エージェントを両方利用することが重要です。転職サイトと転職エージェントの違いは、以下の通りです。

転職サイト

転職エージェント

求人

自分で探す

担当者と一緒に探す

応募

自分で応募する

エージェント経由

アドバイザーからのサポート

なし

あり

企業とのやり取り

自分で行う

エージェント経由

転職サイトは主に自分で転職活動を行うためのサービスです。豊富な求人の中から自分で求人を探し、選考を受けたいと思った企業に応募するといった形です。アドバイザーのサポートもなく、企業とのやり取りも自分で全て行うため、自分のペースで転職活動を進めていきたいという人にはおすすめです。一方、転職エージェントは専任のアドバイザーから、アドバイスを受けながら転職活動を行います。転職サイトと異なり転職エージェントは、担当のアドバイザーが求人の提案から応募までを一貫して行ってくれます。また面接対策や書類添削など転職活動に関するサポートもしてくれます。特に企業とのやり取りは、転職サイトであれば自分で行わなければいけませんが、転職エージェントであれば、アドバイザーが代行して行ってくれます。特に選考後、企業からアドバイザーにあなたの選考状況のフィードバックをしてくれるため、次の選考に反省点を具体的に活かしやすくなります。そのため転職エージェントは、アドバイザーからのサポートを受けて、効率的に転職活動を進めていきたいという人にはおすすめです。このように転職サイトと転職エージェントにはそれぞれ違いがありますが、基本的には両方とも活用することが重要です。転職サイトの求人数と転職エージェントのサポート力を組み合わせれば、有意義な転職活動を行うことができます。

質の悪い転職サイトや担当者もいる

日本には多くの転職サイトがあります。そして中には質が悪く、ブラック企業ばかり紹介している・悪質な担当者がいるといった転職サイトもあります。一見すると質の悪い転職サイトかどうかわかりません。もし質の悪い転職サイトを使ってしまうと、転職した後に後悔することに繋がってしまいます。そこで2つの方法で見極めることができます。1つ目は、口コミサイトを確認することです。転職サイトの口コミは、口コミサイトやSNSで確認することができます。そこであまりにも悪評が多いときには、疑ってかかった方が良いです。2つ目は、複数の転職サイトを利用することです。1つの転職サイトだけだと、そのサイトが質の悪い転職サイトかどうかの判断はつけられません。そのため複数の転職サイトを利用することで、サイト同士を比較することが1つの手です。比較することで質の悪い転職サイトは、何かしらの違和感が出てくるので、そこで判断することが重要です。当然大手や知名度の高い転職サイトは、優良な転職サイトである可能性が高いですが、あまり知られていない転職サイトが質の悪いサイトではありません。知名度の低い転職サイトでも、優良なサイトは多くあります。

募集要項はしっかり確認する

募集要項には勤務時間や福利厚生について、記載されています。ここで募集要項はしっかり確認して、内容に納得できたか判断することが重要です。例えば、土日は基本的に休みを取りたいとすると、完全週休2日制の求人を選ぶべきですが、週休2日制と記載されている場合、土日2日間休みが安定的に取れない可能性もあります。場合によっては月に1回しか2日週休休みが取れない環境の場合もあります。また募集要項にリモート・時短・フレックス可能と記載されていたとしても、完全リモートなどと記載されていない限り、通常時はそのような働き方ができない可能性もあります。入社後、思っていたことと違った場合、予定していた家族生活や金銭的に損失を被ってしまう可能性が高いです。そのため募集要項はしっかり読み込んで納得する必要があります。もし不安に思うことがあれば、転職サイトのアドバイザーに実際の状況を確認することが重要です。アドバイザーであれば、企業の人事担当者と繋がりがあるため、実際の社風や制度を理解している可能性が高いです。

書類添削・面接練習といった選考対策は必ず受ける

中途採用において、書類添削・面接練習といった対策は重要です。特に履歴書や職務経歴書は添削を多く受けて、完璧に仕上げておく必要があります。基本的には面接の前に、書類選考を組んでいる企業が多いです。その中で書類に不備があったり未完成であれば、書類選考が通りづらくなります。どれだけ面接対策がしっかりできていても、書類選考で落とされてしまえば、対策が無駄になってしまいます。そのため面接対策の前にアドバイザーから履歴書や職務経歴書の書類を何度も添削してもらい、仕上げることを意識しましょう。書類対策ができてきたら、面接対策に入ります。ほとんどの転職希望者が面接対策を実施してきます。そのため、面接では細かい受け答えや内容に関してよく見られます。面接対策は実際に模擬面接を受けて場数を踏むことが最も効果が高いです。よく家族や友人に模擬面接をお願いしようとする人もいますが、基本的にはプロのキャリアアドバイザーに見てもらい、フィードバックを受けた方が良いです。プロのアドバイザーであれば、あなたの面接に対する細かい問題点を指摘してもらうことができ、その解決策を具体的に示してもらうことができます。そしてアドバイザーからもらったアドバイスを素直に実践していけば、面接のレベルも上がり、選考通過率を上げることに繋がります。

現職を退職せずに転職活動を進めていく

転職活動を始める際に、現職を退職してしまう人がいますが、基本的には退職しない方が良いです。現職を退職せずに転職活動を進めることが重要な理由は2点です。1点目は「経済的な問題」です。転職活動は短期的に決まるとは限らず、長期化する可能性があります。あなたが選考を受けようとしている企業や、その時の日本の経済状況によっては半年〜1年近く転職活動期間がかかってしまうことがあります。現職を退職してしまうと、収入の原資がなくなってしまいます。貯金があったとしても、長期化するほど貯金額は減ってしまい、気持ち的にも焦りが出てしまいます。そして気持ち的な焦りにより、とにかくどこでも良いから就職しないとという思いになってしまい、自分の希望した条件とは異なる企業に転職してしまうリスクも高まります。2点目は、「転職活動がだらけてしまいやすくなること」です。よほど激務で転職する時間が取れないであったり、面接を受けたくても休みを取ることができない環境であれば退職して転職活動する必要があります。転職活動は、現職で仕事しながら行うのは大変です。しかし、退職してまでやることが多くはないのが実態です。ある程度一般的な仕事量の会社であれば、スケジュールを組むことができれば、転職活動は効率的に進めることができます。しかし退職してしまうと転職活動の時間以外は暇な時間になってしまいます。そうなると限られた時間の中で集中して行うことがなくなり、段々と転職活動に集中することができなくなってしまいます。以上の2点から現職を退職せずに転職活動を進めることが重要です。

担当者と合わなければ、すぐに変更をお願いする

転職活動を進めていく上で、転職サイトの担当者との相性は重要です。どれだけサポート体制が整っていても、担当者と合わなければ、転職活動が失敗してしまうことにも繋がってしまいます。転職サイトの担当者も転職のプロですが、人間です。当然相性の合う合わないは存在します。相性が合わなくても担当者の方から担当変えをすることはできません。そのため、この担当者と合わないなと感じたら転職サイトの運営に相談して、担当者を変えてもらうように対応することが重要です。また中には対応が良くない担当者もいるため、注意が必要です。相談したことに対して、求人を紹介してくれない、転職に対するアドバイスやサポートをしてくれないといったことがあれば、すぐに変えてもらうよう動く必要があります。

女性の働きやすさを意識する

希望している企業が女性の働きやすさを、重視しているか知ることが重要です。近年では女性が活躍している企業は増えつつあります。しかしいまだに男性ばかりで、活躍している女性が少ない・活躍できない社風の企業もあります。いくらやりたい仕事がある企業でも、そのような女性が働きづらい職場だと、転職してから苦労してしまい、結果として転職を後悔してしまうことに繋がります。そうならないように、「Openwork」や「転職会議」といった口コミサイトを確認することや、転職サイトのアドバイザーに確認することで、その企業が女性の働き方を重視しているか確認することができます。

転職サイトの有効な活用方法

ここでは転職サイトの有効な活用方法に関して紹介していきます。転職サイトには多くのサポートが備わっています。しかしそれに1から全て頼っていても、転職活動はうまくいきません。転職活動を成功させるためには、あなたも事前に準備する必要があります。それらの準備にはどういったものが必要なのか、転職活動で特に活用した方が良いサポートは何か、紹介していきます。

事前準備は徹底して行っておく

転職サイトを活用する上で重要なのは、事前準備をしっかり行うことです。実施しておく必要がある事前準備は以下の通りです。

  • 自己分析
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる

自己分析はキャリアアドバイザーと一緒に1から考えるものと思っている人もいますが、それは違います。まず自分で自己分析・履歴書・職務経歴書を作成した上で、現時点の自分が作れる最高のものとして準備します。その上でキャリアアドバイザーに1つずつ確認してもらうことが重要です。最初に自分で考えて作成しておくことで、頭の中はすでに整理されているため、アドバイザーからのヒアリングとアドバイスでより深く整理することができます。また転職活動の見通しもある程度立てておくことが重要です。この見通しとは、どのくらいの期間で転職活動を終わらせるのかといったことです。転職活動は期限が誰からか言われている訳ではないため、やろうと思えばいくらでも長引かせることができます。キャリアアドバイザーからも、どのくらいの期間で転職活動を終わらせたいかは聞かれます。その際に、2ヶ月や半年など見込みの期間を伝えることで、アドバイザーもその期間で転職活動のスケジュールを立てることができます。そして最後に資金計画です。転職活動は、面接用のスーツや履歴書代、交通費など費用がかかります。その費用をどのように捻出しておくかも、事前に考えておく必要があります。これまで残業代で稼いでいたような人は、転職活動を始めたことで、残業時間を少なくしなくてはいけなくなるため、収入が減ってしまいます。そういった事情も考慮しながら資金計画を立てることが重要です。このように事前準備を行うことで転職活動のスタートを切りやすくなります。これらの事前準備は1日2日で終わることはなく、一定の時間がかかります。そのため事前準備をどの日のどこで行うかは事前にスケジュールに落とし込んで、その時間は必ずやるといった意識を持って進めていく必要があります。

転職サイトが開催するイベントには積極的に参加する

転職サイトでは定期的に、転職イベントが開催されています。そこでは多くの企業がブースを展開して、来場してきた転職希望者に対して企業説明を行ったり、繋がりを持ったりしています。基本的に転職サイトが開催するイベントは無料で参加することが可能なので、積極的に参加することが重要です。ネットでは調べることができないような情報をイベントでは知ることができます。またいざ選考で面接にきた際にも、イベントにきたことのない人材よりも、イベントにきて積極的に質問をした人材の方が、後ほど意欲があり、定着力が高い人材であると人事担当者も評価しやすくなります。転職サイトが開催するイベントは、転職希望者は無料なことが多いですが、企業は無料ではありません。そのため1人でもより良い人材を発掘したいと考えているはずです。その中で自分が合う企業があれば、企業説明や質疑応答で企業の情報を深く知ることができます。また状況によっては優先的に面接を行ってくれる可能性もあります。まずはイベントに参加し、説明を受けた上で、積極的に企業の人事担当者にアプローチしていくことが重要です。また一見知らない会社でも高待遇で良い会社の可能性もあるため、知らないからとブースを素通りするのではなく、少しでも気になったら説明を聞いてみると新しい発見があるかもしれません。

紹介を受けるだけでなく、自分でも調べる

キャリアアドバイザーの転職サポートを受ければ、自分に合いそうな企業はアドバイザーが探して提案してくれます。しかし自分でも探してみる努力をすることが重要です。ある程度探していれば、求人の探し方のコツも掴めるようになってきます。そして自分が気になる・やってみたいと考える仕事があれば、選考を検討すると良いです。また気になる企業があれば、自分ですぐ応募するのではなく、キャリアアドバイザーに1度確認してもらい、意見をもらうことがおすすめです。キャリアアドバイザーであれば、あなたが入手できない情報を持っています。そしてその企業に対し、実際のところどのような状態なのか、有効な対策はどのようなものがあるかアドバイスをもらうことができます。またアドバイザー経由で応募することができる可能性があります。アドバイザー経由で応募してもらった方が、自分で応募するよりもメリットがあります。アドバイザーは企業に応募する際に、あなたの情報を直接採用担当者に伝えます。あなたが直接応募すると、企業の採用担当者は書類上でしかあなたのことがわかりません。しかしアドバイザー経由であれば、アドバイザーから直接企業の担当者に伝えられるため、面接での最初の印象が変わってきます。積極的にアドバイザーは活用するようにしましょう。

こまめなサイト情報の確認を欠かさない

転職活動において、常に最新の情報を仕入れておくことは重要です。特に以下の情報はこまめにチェックするようにしましょう。

  • 転職サイトの情報
  • 企業の採用情報
  • 企業の事業内容・ニュースリリース

面接において最新の情報を聞かれる可能性は高いです。それは面接前に、企業に関心を持って情報を入手しているかどうか確かめられるためです。聞かれた際にわからなければ、それだけで面接官からマイナス評価を受けてしまう可能性があります。また最新の情報を常に把握しておき、面接の際に伝えることができれば、選考企業に対し志望度が高い人材であることも示すことが可能です。毎日確認する必要はないですが、週に1回、面接前は必ず確認することを意識することがおすすめです。

ジャンル特化型の転職サイトも確認してみる

ジャンル特化型の転職サイトは、マイナビ看護師のように特定のジャンルに特化した転職サイトのことです。全体の求人数に関しては、特化型よりも総合型の転職サイトの方が多いです。しかし、同ジャンルの求人数で確認した時には、総合型よりも特化型の方が多い傾向にあります。またジャンル特化型の転職サイトには、そこにしかない求人情報もあり、非公開のものも多いため、登録して確認することで、自分にとって選択肢を広げることができます。ジャンル特化型には多くの転職サイトがあり、以下のようなサイトがあります。

  • 看護師
  • 薬剤師
  • 保育士
  • 営業職
  • Web・IT・ゲーム
  • デザイナー

この他にもありますが、それぞれのジャンルで強みを持った特化サイトが多いです。総合型にはない求人があることも強みですが、在籍するアドバイザーにも強みがあります。ジャンル特化型転職サイトに在籍するアドバイザーは、元々そのジャンルで勤務していた社員や元人事担当者である可能性が高いです。そのため特定のジャンルを狙っていくのであれば、ジャンル特化型の転職サイトを活用した方が、より有効な対策を打つことができます。またジャンル特化型の転職サイトは全体の求人数は少ないですが、特定ジャンルの求人が少ないため、そのジャンルの企業の人事担当者とより深い結びつきがある可能性が高いです。そのため、総合型の転職サイトからは得られない、企業の情報を得ることができます。総合型の転職サイトを主に活用している人でも、ジャンル特化型の転職サイトを活用することでより転職活動の幅を広げることができます。例えば、幅広く転職活動をしていきたい人でも総合型をメインで使うと共に、営業職の転職サイトを合わせて活用することで、営業職の選考があった際に、より有利に選考を進めることができるようになります。

転職活動の流れ

転職をするにしても、具体的にどのように転職活動を進めていけば良いかわからない人も多いのではないでしょうか。ここでは具体的な転職の流れを解説していきます。転職の流れを確認して、効率よく転職活動を進めていきましょう。

自己分析をしてスキルやキャリアの棚卸を行う

まずは自己分析をして、スキルやキャリアの棚卸を行うことが重要です。具体的な以下の準備をしておくと良いです。

  • 転職理由を明確にしておく
  • 過去の仕事の実績や培ったスキルの整理
  • 転職サイトを選ぶ
  • 候補の業界を洗い出す
  • 履歴書に使う顔写真の撮影

転職サイトのアドバイザーと一緒に確認することも可能ですが、1から確認すると聞き取りの時間もかかってしまい、転職活動がうまく進まなくなってしまいます。そのためまずは自分でこれまでの仕事を振り返ることから始めてみましょう。具体的には、これまでの自分の仕事を振り返り、どのような仕事をしてきて、具体的に得られたスキルは何か明確にする必要があります。その上今後転職先でどのようなスキルが活かせるかまで整理できると、その後の対策を進めやすくすることが可能です。特に仕事上で壁に当たった経験があれば、詳細に整理しておくことが重要です。壁にあたり、どのように考え、結果的にどう解決していったかなど話せるようにしておくと、面接で採用担当者の意識をひきやすい説明ができるようになります。これらのスキルや経験をまとめておくことで、企業選びにも活かせるようになるため、しっかり時間をとって棚卸することが重要です。

履歴書や職務経歴書の作成

中途採用において履歴書や職務経歴書は重要です。どれだけ面接の対策を徹底していても、書類選考の結果次第で面接前に不採用になってしまうことがあります。履歴書や職務経歴書は、転職サイトのアドバイザーから書き方を教えてもらうことはできますが、最終的に作成するのはあなた自身です。何もない状態からアドバイザーと作成するよりも、まずは自分で作成した上でアドバイザーに確認してもらいながら完成させていった方が、より完成度の高い履歴書・職務経歴書を作成することが可能です。最初から自分で作成するときは非常に時間がかかります。しかしその分、頭の中を整理することができるため、その後履歴書や職務経歴書に関して面接で深掘りされた際にも、自分の言葉でより具体的に答えられるようになります。履歴書や職務経歴書はネットなどで書き方が書いてあるため、それを確認しながら作成すると良いです。また知人に転職経験のある人が入れば、その人が作成した履歴書や職務経歴書を参考にすることで、効率的に作成することができます。

転職サイトを活用して選考のための対策を行う

自己分析・履歴書・職務経歴書の作成が完了したら、転職サイトを活用して選考のための対策を行っていきましょう。

転職サイトでは以下のサポートを活用することが重要です。

  • 求人の検索
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 転職イベントの参加

転職サイトの開催する転職イベントには、積極的に参加するのがおすすめです。参加することで、サイトを確認するだけでは知ることのできなかった企業・企業情報を知ることができます。場合によってはその場で面接を受けることができ、転職活動を早めに完了することにも繋がります。転職サイトでは多くのサポートを受けることができるため、積極的に活用していきましょう。

応募して選考を受ける

転職サイトである程度の対策をしたら、実際に企業に応募して選考を受けていきましょう。企業の選考は基本的に以下の流れで進んでいきます。

  • 書類選考
  • 適性検査
  • 2回から3回の面接
  • 内定

また企業によっては適性検査を実施するところもあるため、参考書を購入して対策するようにしましょう。企業によって適性検査の合格基準は変わりますが、適性検査で落ちてしまうこともあるため、しっかりと対策することが重要です。そして最も選考で重きが置かれるのが面接です。1回目の面接では人事担当者や現場の管理職クラスが、面接官として担当します。そして面接の回数が上がるごとに、役職が上がっていき、最終面接では役員クラスが面接官として出てくる可能性が高いです。新卒採用と同様、中途採用でも多くの応募者が一緒に選考を受けています。そのため面接の対策を少しでも多く重ね、面接官の評価を得られる受け答えをできるようにしておくことが重要です。基本的には面接の質は、面接練習を重ねることで上がっていきます。特に転職サイトの面接担当者に確認してもらいフィードバックを受けることで、より面接の精度を高めることが可能です。転職サイトの面接練習の担当者は、あなたが受ける予定の企業の面接を想定して行ってくれるため、フィードバックの内容を素直に改善していくことで、面接での通過率を上げることができるようになります。

内定・退職

企業の選考が順調に進んでいくと内定がもらえるようになります。内定をもらってから行うことは主に2点です。1点目は、「待遇交渉」です。入社当初の給与面の待遇に関しては、内定をもらった直後しか機会はありません。しかし内定をもらったばかりでは、企業に直接待遇交渉するのは難しいです。そのため、転職サイトの専任アドバイザーにお願いをし、待遇交渉をしてもらうことが1つの手です。必ず待遇が変わる訳ではありませんが、あなたの面接での評価次第で待遇が上がる可能性があります。2点目は、「退職交渉」です。内定をもらった後に行うことは、現職へ退職の意思を伝えることです。退職を伝える際には、円満退職にできるように、直接上司に伝えることが重要です。もし退職の意思を承諾してもらえず、退職に困る場合には、退職代行を活用して、退職することも1つの手です。退職がうまくいかないと、転職先の企業に迷惑がかかってしまうので、退職はしっかりと行っていきましょう。

女性の転職に対する疑問・不安

女性の転職にはさまざまな疑問や不安がつきものです。ここでは、女性の転職に対する疑問や不安に関して紹介していきます。これから転職を始める方で、不安を持っていれば、解決の糸口になるかもしれないため、参考にしてください。

資格を持つことは転職で有利に働くのか

結論、プラス要素にはなりますが、特段有利になることはありません。当然業界に特化した資格であれば、有利に働くことはあります。例えば、経理の転職を希望する場合、会計士や簿記1級の資格を持っていれば、有利に働く可能性は高いです。しかし資格はあくまで選考の際、プラス要素として働くだけの場合が多いです。中途採用で最も重視されるのは、「即戦力になるかどうか」です。即戦力になるかの判断は資格よりも、経験の方が重きをおかれます。例えば、簿記2級を持っている人よりも、前職で経理の仕事についていて、数年実務経験のある人の方が、転職先では即戦力としてみられます。また未経験職種の場合でも、これまでの職種の経験から得たことでどのように転職先の業務に活かしていくか具体的に説明することができれば、ポテンシャルを見込まれ、即戦力として評価されることがあります。資格はあくまで経験に対して補填するものであって、それだけで通過できるほどの効力はありません。そのため資格がないからといって、転職のために資格を取る必要はないです。それよりもこれまでの職務経験を整理して、転職先でどのように活かしていくか考えた方が、選考での通過率を高めることに繋がります。しかし募集要項に特定の資格所持を推奨している場合、短期で取れる資格であれば、とっておいた方が多少有利に働きます。

子育て中の転職は不利になるか

結論、子育て中の転職が不利になることはありません。しかし仕事に対しての拘束時間を考慮する必要を考えて、採用が見送られる可能性はあります。子育て中であっても活躍している女性社員は多くいます。その中で子育て中という理由で不採用にしてしまう企業は、入社してから苦労してしまいます。子育て中の転職でも、採用される会社は多くあります。もし子育て中の転職活動に不安があれば、女性特化の転職サイトで相談してみるのも1つの手です。女性特化の転職サイトであれば、子育て中に転職活動した人材の履歴がある可能性が高いため、相談すれば有効な対策やスケジュールの組み方のアドバイスをもらうことができます。しかし子育て中の転職は不利になることはないですが、スケジュールは提示することが重要です。例えば、子育てが今どのような段階で、今後どういった形になるのか、その件で企業にフォローしてもらいたいことは何かというのは整理して説明できるようにしておくことが重要です。その中で、どのような面で転職先企業に貢献することができるのか、子育てがどのタイミングで落ち着くのか話せるようにしておくと、転職先の企業も安心して採用することができます。基本的には必要な情報は隠さずに伝えることが重要です。

仕事のブランクがあり不安

出産・育児により、その時に勤務していた職場を離れて、落ち着いたところで再度仕事をしようとしている方も多いのではないでしょうか。しかし仕事のブランクがある状態で、転職先を決めることはできるのかと不安になることもあるかと思います。確かに仕事のブランクがあることで、転職で一定の難しさがあるのも現実です。特に中途採用では、即戦力になる人材を求められます。ブランクの期間にもよりますが、長ければ復帰した後現場に慣れるまでの期間も長くなる可能性が高くなります。そういった懸念もあるため、通常の転職よりも求人の幅は狭くなります。しかし最近ではブランクありでも大丈夫な職場も増えてきています。そういった職場では、あなたの今すぐの活躍を求めるのではなく、仕事をしていた際のスキルや経験に対して期待を寄せます。まずブランクありでも大丈夫な職場を探すためには、転職サイトで確認することが得策です。特に女性特化型の転職サイトであれば、同じような転職希望者も多くいる可能性が高いため、求人を紹介してもらうことが可能です。そして求人が見つかれば、あなたの前職で培ってきたスキルや経験を整理する必要があります。そのスキルや経験を使ってどのように転職先の企業に貢献できるのか、具体的に説明できるようにしておくことが重要です。

転職を検討している段階でも転職サイトへの登録は可能か

結論、転職を検討している段階でも、転職サイトへの登録は可能です。あらかじめ求人情報や、転職のために必要なことを調べておけば、いざ転職活動を始める際に効率的に動くことができます。しかし転職サイトのアドバイザーには、転職を検討している段階であることを伝える必要があります。伝えていないと転職アドバイザーもあなたが転職活動を始めていると思ってしまい、その予定で企業の提案やスケジュールを組んでしまいます。そうするとそれらのサポートが無駄になってしまい、あなたもアドバイザーからの提案を断る時間も余分にかかってしまうなど、お互いに時間を損してしまうことに繋がります。そのため、転職サイトに登録しつつも、すぐに転職活動する予定はないことを伝えておくことは重要です。

転職サイトに登録することで勤め先にバレる可能性はあるか

転職サイトに登録するとあなたの情報は公開されるため、現在の職場にバレる可能性がゼロではありません。ふとしたきっかけであなたの勤め先の社員に、転職サイトのあなたの情報を見られてしまう可能性はあります。しかしバレないための方法は2点あります。1点目は、「勤め先への情報公開を非公開にできる転職サイトを選ぶこと」です。転職サイトによっては登録の際に、現在の勤め先および関連業界からのアクセスを非公開にするといった項目があります。もしどうしても現在の勤め先に、転職活動していることがバレたくない場合は、非公開にできる機能がある転職サイトを選ぶことが重要です。2点目は、「専任のアドバイザーに依頼すること」です。専任のアドバイザーはプロなので、転職活動をしていることが現在の勤め先にバレることが不利益になることは知っています。そのためどうしても非公開にしてもらいたい場合は、アドバイザーに相談して配慮してもらうことも1つの手です。

企業の口コミサイトは信頼すべき

「Openwork」や「転職会議」など転職に関する企業の口コミサイトは多くあります。それらの口コミサイトは実際に働いていた経験のある社員が書いているため、一定の信頼性はあります。しかし全て信頼できる訳ではありません。注意することは2点です。1点目は、「古い情報は見ないこと」です。企業を取り巻く環境は日々変化しています。5年前には出産・育児休暇がほとんど取れない環境だったとしても、現在は制度が充実して安心して取れる環境になっているかもしれません。その情報を鵜呑みにした結果、転職をしなかったことによる損失を被ってしまうことにも繋がります。基本的には口コミサイトを確認するとしても、1年以内の比較的新しい情報を確認するようにしましょう。2点目は、「全ては正しくない」ということです。多くは実際の社風や制度の実態に関して書かれていますが、中には誇張しているもの・事実とは異なる情報が書かれている場合があります。そのため、口コミサイトを確認するときにも、全ての情報を信頼するのではなく、参考として確認するようにすることが重要です。

女性が転職成功を目指す上でおすすめの転職エージェント

女性が転職成功を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

女性が転職成功を目指す上でおすすめの転職サイト

女性が転職成功を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

女性の転職サイトの選び方としては、求人数が多い・サポートが充実しているかといった点に注意することが重要です。また転職サイトを上手に使うコツとしては、複数の転職サイトを利用する・譲れない条件を決めておく・企業とのやり取りは丁寧に行うことがあります。転職サイトでは、専任のアドバイザーとの相性が重要になるため、合わないと感じたら変更を運営に申し出ることも必要になります。女性の転職サイトには、女性特化型の転職サイトがあります。女性特化型の転職サイトには、産休や育休といった女性ならではの転職の悩みを相談・解決しやすい・女性が安心して働ける仕事を見つけやすいといったメリットがあります。また女性の転職では、自分のライフイベントを必ず事前に伝えておくなど注意が必要です。転職サイトを活用することで、書類対策や面接練習、企業との交渉・アフターフォローなど幅広い転職のサポートを受けることができます。本記事を参考に、転職成功率を上げることに繋がれば幸いです。

Photo by daan evers on Unsplash