20代で転職を視野に入れ始めた人が知っておくべきポイント──『人生は20代で決まる』

多くの20代の方々にとって、転職活動は人生で初めての経験ということもあって、想像以上の困難に見舞われるケースも少なくないと思います。私自身、20代の頃に転職を一度経験しましたが、自分の将来像が見えていなかったり、周囲のアドバイスに見せかけたポジショントークに惑わされたりで、なかなか苦労した記憶があります。以下では、私自身が20代の頃に知っておきたかった「20代転職のリアル」を記載しています。『人生は20代で決まる』と言われるように、20代は人生の方向性を決定づける本当に大切な時期です。本記事が、20代で転職を考える方々にとって、良い判断材料の一つとなれば幸いです。

目次

20代で転職を考え始めた人が知っておくべきこと

転職しやすいのは圧倒的に20代であるという事実を知っておこう

まず、20代は大きな実績がなくても転職しやすいという点で、転職を考える上では非常に良い時期であるということを最初に認識すべきです。「35歳転職限界説」は過去のものとなりつつありますが、それでも圧倒的に転職しやすいのは20代の時期です。なぜかと言うと、30代では、「即戦力性」が重視されるケースが多くなるため、未経験の職種への転職可能性はどうしても相対的に低くなるからです。特に、30代後半の場合、多くの人が既に結婚しており、子供の教育費などの問題も現れてくるため、年収を大幅に下げるような転職は若干ハードルが高くなります。要するに、「失うものが格段に増える」のです。上記を踏まえ、20代の早めのタイミングから転職を視野に入れ始めることを個人的にはオススメしています。

転職することを念頭に置きつつ、目の前の仕事に没頭することが大切

ただ、当然ながら、転職のことばかり考えて、目の前の仕事を蔑ろにするような態度は推奨できません。それは別に精神論を述べたい訳ではなくて、結局のところ、目の前の仕事に没頭することが最も「期待リターン」が高い選択肢である場合が多いからです。その一方で、脇目も振らずに、目の前の仕事だけに盲目的に打ち込むことも推奨できません。なぜか。それは、逆説的に聞こえるかもしれませんが、転職を視野に入れているからこそ、目の前の仕事に懸命に打ち込むことができるという面も少なからず存在するからです。どういうことかと言うと、一見すると、非常に地味で面白みのないように思える仕事でも、「このプロジェクトは転職した場合でも汎用的に活用できるキャリア上の実績になる」「だから、地味だけど、今の自分にとっては頑張る価値がある仕事だ」とポジティブに捉えることができれば、骨の折れる仕事からも目を背けずに頑張れたりすることもあるのです。そして、実は、このようなプロセスで獲得したスキルが自身のキャリアを大幅にレバレッジさせてくれる可能性も十分にあり得るのです。上記の考え方を念頭に、「5年後の理想の職務経歴書」を思い描いた上で、それを頭の片隅に置きつつ、目の前の仕事に全力で取り組むことを個人的にはオススメしたいと思います。

入社3年未満で辞めることを極端に躊躇する必要はない

過去には、「石の上にも3年」「3年は辞めずに我慢しろ」と言われた時代もありましたが、今はそんな時代ではありません。むしろ、世の中の変化のスピードが非常に速いため、貴重な20代を無為に過ごすことこそが最も回避すべきことであると言えます。また、関連して言えば、「逃げの転職はダメだ」というやや体育会系な議論がありますが、個人的には、「逃げの転職」は必ずしも悪いことではないと考えています。というのも、結局のところ、まったくもって適性がない仕事に取り組むことは中長期的には誰の得にもならないことが多いですし、上司との相性の問題はどうにもならないと思うからです。似たようなパターンで、「今の仕事で結果を出せない人間が転職先で良い結果を出せる訳が無い」という議論がありますが、こちらについても理解できる部分は若干はあるものの、やや時代錯誤な精神論/ポジショントークのように聞こえてしまいます。実際、ある職場で「全然ダメダメ」だった人間が、転職先で見違えるような活躍を見せるようになったというケースは「あるある」だったりします。もちろん、「2社連続で入社2ヶ月で退職しました」のような場合は、履歴書に若干の傷がつくリスクはあると思います。そのあたりの「見え方」については、ある程度は考慮する必要があると思いますが、「入社して3年は一つの企業で働くべき」という固定観念に捉われすぎる必要はないかなと思います。

転職回数ゼロで30代を迎えることが若干リスクとなりつつある

上述の通り、「35歳転職限界説」は過去のものであり、自分自身に市場価値がある限りにおいては、何歳からでも転職可能な時代だと思います。その一方で、厳しい言い方かもしれませんが、35歳を過ぎて、普遍的に必要とされるスキルを持たない場合、人生の選択肢が急激に減っていくこともまた事実だと思います。もちろん、一社で働きながら、「キャリア資本」が蓄積されている実感が得られている場合は、必ずしも転職する必要はないと思いますが、そのようなケースは究めて稀でしょう。変わらない日々の中では、「キャリア資本」が蓄積されないケースの方がよっぽど多い訳で、人材として流動性を高めることを優先し、適切なタイミングで転職を視野に入れ始めることも一つの選択肢になり得るかと思います。

人生の意思決定の最適化を図るために──圧倒的な量のインプットが重要

■ 知識量は実は重要

転職活動に限った話ではありませんが、人生におけるすべての意思決定を支える最も重要な土台は知識量だと考えています。「知識量よりも考える力が重要だ」という意見もあります。しかし、物事を俯瞰的/多角的に捉え、最適な意思決定を行うためには、膨大な知識量の獲得が前提条件であり、転職活動に際しても、誤った意思決定を行うことを防ぐためにも、圧倒的なインプットを心掛けることが想像以上に重要であると個人的には考えています。「自分は何も知らない」ということを認識した上で、謙虚な気持ちで情報のインプットに励む態度が大切です。世の中には、知っていれば回避できるけれど、知らなければ陥ってしまいがちな「落とし穴」が想像以上に多いものです。特に、転職の場合、一見すると正しそうに見えるけれども、実は、企業側/エージェント側のポジショントークだったみたいな話は良くあります。「嘘とは言えない嘘」を見抜く力というか、そのあたりの情報リテラシーを高める上でも、転職活動の成功において、圧倒的なインプットは必要不可欠と言えるでしょう。

■ 情報収集の手段

情報収集の手段については、やはり単位時間あたりのインプット量の観点から、書籍はオススメです。キャリア/転職の分野に限らず、様々なジャンルの本を大量に読むと良いと思います。「ビジネス書は読むな。古典を読め」的な言説をたまに見かけますが、そこまで気にする必要はないと思います。どんな書籍からも学べることはあると思いますし、実際、ビジネス書の中にも役に立つ書籍はたくさんあります。ウェブメディアやTwitterの情報も役立ちます。特に、Twitterの匿名アカウントの中には、想像以上に有益な情報を提供してくれているアカウントもあります。Facebookも情報源として十分に活用できます。有益な情報を提供する人をフォローすると良いでしょう。仮に、誰をフォローすべきか見当がつかない場合は、まずは、書店に行って、書籍の執筆者や雑誌に登場している人を検索ボックスに打ち込んで、フォローしてみると良いかもしれません。NewsPicksも良いと思います。「最近はコメントの質が下がっている」という意見も耳にしますが、中には非常に有益なコメントもあります。確かに、ネット上の情報は「玉石混交」な部分はあるかもしれませんが、その中から宝のような情報を見つけ出す能力が問われているのだと思います。有益なコメントをする人をフォローして、定期的にコメントをチェックすると良いと思います。また、キャリア関連のイベントに参加してみるのも良いかと思います。他社で働いている方々や同世代で活躍されている方の雰囲気を知るだけでも価値があると思います。

20代の転職で年収/市場価値を上げたい人に伝えたいこと

やりがいだけでは食えない。年収は重視すべき必須の項目

最近では、働き方改革や価値観の多様化に伴い、「年収を下げてでも働く時間を減らしたい」「年収が少し下がっても、社会的なやりがいを感じられる仕事に就きたい」等を軸に転職活動を行うケースも増えているようです。ただ、それでもやはり、大多数の人にとっては、年収は重視すべき必須の項目だと思います。「金がすべてではない」「経済的な豊かさよりも精神的な豊かさを目指しましょう」という風潮は確かにあります。実際、年収800万円を越えると、年収が上がっても幸福度は上がりにくいというデータはあるようです。ただ、それは裏返せば、少なくとも年収800万円に到達するまでは、年収の高さと幸福度の高さは相関するということでもあります。これらを踏まえ、20代のうちに年収をある程度は個人的には上げておくことをおすすめしています。

構造的に年収が高くなる業界/職種が存在することを理解する

自分の能力や提供している価値とは別に、年収は業種/職種で決まることが実は多いです。例えば、業種で言えば、金融/総合商社といった利益率の高い業種の場合、年収が高くなりやすいです。同様に、職種で言えば、コンサル/エンジニア/士業といった希少価値の高い職種の場合、年収は高くなりやすい。また、最近では、AIエンジニア/データサイエンティスト等が不足しており、年収が高くなりやすいと言われています。この辺りについては、業種/職種選びにも関係してくると思いますので、頭の片隅に入れておくと良いと思います。

英語運用スキルの向上は年収アップに直結する──TOEICを侮るなかれ

転職を考える上で、英語は非常に重要なスキルです。仮に、現在の仕事で英語が必要ない場合でも、英語に関しては、勉強しておく価値があります。近年は、転職や昇進考査の条件にTOEICの点数が含まれるなど、ビジネスシーンにおける英語の重要性はますます高まっています。また、数年前から、ファーストリテイリング/楽天/ホンダ/ブリヂストンなどの企業では、社内の英語公用語化が進んでいます。さらに、今後、海外企業とのクロスボーダーM&Aの増加等によって、上司や部下が突然外国人になったりして、社内コミュニケーション手段として、英語スキルがますます求められるようになる可能性もあります。実際、どの程度の英語力が求められるのかについてですが、「上場企業における英語活用実態調査(2013年)」によれば、大手企業が求めるTOEICスコアは以下の通りです。

■ 大手企業が求めるTOEICスコア

新入社員 465-670
中途採用 610-815
海外赴任 605-785
技術部門 520-715
営業部門 535-765
国際部門 660-840

また、「株式会社キャリアインデックス年収・転職 実態調査」によれば、年収と英語力の関係は以下の通りです。

■ 年収と英語力の関係

年収500万円未満 英語ができない:77.6%
英語ができる:22.4%
年収500万円〜700万円未満 英語ができない:66%
英語ができる:34%
年収700万円以上 英語ができない:51.3%
英語ができる:48.7%

ちなみに、私の知人で、20代で異業種から外資系コンサルティングファームへの転職に成功した方がいらっしゃるのですが、帰国子女で英語がネイティブレベルでして、これが内定獲得の一つの要因になったのではないかなと個人的には思っています。「英語が話せる人はたくさんいる」「もはや英語は希少価値のあるスキルではない」という話を聞くことがありますが、私の身近を見ていても、ビジネスの現場で英語でコミュニケーションを図ることができる人材はそれほど多くないという印象です。独立・起業する場合は別として、ビジネスパーソンとしてキャリアアップを目指す場合、英語力は磨いて置いて損をすることは基本的にはないということを認識しておくと良いと思います。

保有資格が重要な役割を果たす職種が存在することを認識する

「資格は必要ない」「実務経験が重要」と言う話があります。それは、ある意味では、正しいと思います。しかし、現実問題として、資格を取得していることが明らかにプラスに働く職種があることもまた事実だと思います。例えば、経理の転職であれば、公認会計士や簿記の資格を保有していれば、プラスに働く場合が多いでしょうし、金融業界の転職であれば、特に、マーケット部門への転職を目指す場合は、証券アナリスト資格を持っていることはプラスに働くことがあるでしょう。ただ、そうはいっても、大前提として、転職活動においては、資格よりも実務経験が重視されることは認識しておくべきでしょう。高度な資格を持つ未経験者ではなく、無資格の実務経験者の方が求められているのです。また、当たり前ですが、実務経験と関連がない資格を取得し、履歴書に記載したところで、プラス評価には繋がりにくいです。むしろ、「資格コレクター」「肩書きコレクター」に見えてしまって、印象を悪化させる要因になる可能性があります。評価されない資格の勉強に時間とパワーを使うよりも、実務経験に磨きをかけることを重視すべきでしょう。

とはいえ、20代で年収を意図的に下げて、経験を獲得する戦略もアリ

20代で年収を意図的に下げて、結果的に市場価値を高めることに成功したケースもあります。例えば、キッズライン代表取締役の経沢香保子さんの場合、リクルートから楽天に転職した際に、年収が大幅に下がったらしいのですが、その分、楽天で非常に幅広い仕事を経験することができ、その経験が起業に繋がったということを過去におっしゃっていました。実際、ここ数年、『LIFE SHIFT』で有名なロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授もおっしゃっているように、スキル/知識/ネットワークといった無形資産的な「キャリア資本」の重要性が高まっています。さらに、少し別の切り口になりますが、ベンチャー企業への転職の場合、年収を下げて、ストックオプションを貰うパターンもあります。有望なベンチャー企業に初期に参画して、その企業が上場した場合、ストックオプションはかなりの金額になりますし、これは戦略として検討する価値はあるとは思います。ただ、ストックオプションは、イグジットがIPOではなくM&Aになった場合、発行されないケースも多いことや、仮に、IPOに成功した場合でも、ロックアップ期間の完了まで待つ必要がある等、色々と注意すべき部分はあります。いずれにせよ、しっかりと情報収集を行った上で、年収を下げてでも、自身の糧になるような転職であれば、それは一つの選択肢として良いのではないかと言うのが個人的なスタンスです。

企業選びの際に、会社のネームバリューを軽視すべきではない

「会社選びに際しては、ブランド名にこだわりすぎるな」という意見があります。正論ではあると思いますが、現実問題として、ブランド力のある企業出身であるという事実は、今後の人生において、非常に有益な財産となる可能性があります。特に、日本人は権威を盲信する傾向があり、実際、ビジネスの世界においても、書店には、「ハーバード流」「スタンフォード発」「マッキンゼー式」などの言葉が踊っていることからわかるように、「箔」「ブランド」というのは価値を客観的に説明する上で非常に使い勝手が良いなものです。実際、「元マッキンゼー」や「元P&G」等であれば、その経歴自体が半永久的に活用可能な「無形資産」になると言っても決して言い過ぎではないように思います。そして、実際、周囲を見渡しても、そのような企業出身の方には、例外はもちろんあるにせよ、やはり優秀な方が多いように思いますし、間違いなく、一定の「品質保証」にはなると思います。そして、これからの時代においては、簡単には陳腐化しないブランド価値を獲得することがより一層代替不可能な競争力となっていくのではないかと個人的には考えています。上記を踏まえ、新卒で大手企業に入社したくても入社が叶わなかった人は、ある意味、知名度のある大手企業に再チャレンジする形で転職を目指すことは必ずしも間違った選択ではないように思います。また、仮に、起業する際にも、特に資金調達を行う場合は、過去の経歴は非常に見られます。特に、エクイティファイナンスを行う場合、シードラウンドにおけるバリュエーションに関しては、経営メンバーの過去の経歴で決まってしまう部分が少なくないように思います。もちろん、言うまでもなく、「ブランド価値」に踊らされてはいけませんし、「経歴コレクター」になるべきではありません。というか、結局のところ、実態が伴わなければ、中長期的には、「メッキ」は剥がれてくるものです。中身を磨きつつ、「第三者から見たときに自分の経歴はどう見えるのか」についても、しっかり考えるべきでしょう。

年収が高くても、AIによって中長期的に代替される職業は微妙

年収が高くても、テクノロジーの発達によって陳腐化してしまう可能性が高い業種/職種は個人的にはおすすめしません。その筆頭格が証券トレーダーだと思います。未来を完全に予測することは不可能ですが、「将来消える職業リスト」的な資料に目を通しておくのも良いと思います。ちなみに、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の論文『雇用の未来』の中で、コンピューターに変わられる確率の高い仕事として挙げられたものは以下の通り。

コンピューターに変わられる確率の高い仕事

  • 銀行の融資担当者
  • スポーツの審判
  • 不動産ブローカー
  • レストランの案内係
  • 保険の審査担当者
  • 動物のブリーダー
  • 電話オペレーター
  • 給与・福利厚生担当者
  • レジ係
  • 娯楽施設の案内係
  • カジノのディーラー
  • ネイリスト
  • クレジットカードの申込者の承認・調査を行う作業員
  • 集金人
  • パラリーガル、弁護士助手
  • ホテルの受付係
  • 電話販売員
  • 仕立屋
  • 時計修理工
  • 税務申告書代行者
  • 図書館員の補助員
  • データ入力作業員
  • 彫刻師
  • 苦情の処理、調査担当者
  • 簿記、会計、監査の事務員
  • 検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
  • 映写技師
  • カメラ、撮影機器の修理工
  • 金融期間のクレジットアナリスト
  • メガネ、コンタクトレンズの技術者
  • 義歯制作技術者
  • 測量技術者、地図作成技術者
  • 造園・用地管理の作業員
  • 建設機器のオペレーター
  • 訪問販売員、路上新聞売り、露天商人
  • 塗装工、壁紙張り職人

20代の頃に戻れるのであれば、どのような軸で転職先を検討すべきか

ポータブルスキルを獲得できるか

まず、第一に考えるべきは、ポータブルスキルを獲得することができるか否かです。ポータブルスキルとは、直訳すると、「持ち運びできるスキル」のことであり、業種/職種が変わっても通用する普遍的なスキルのことを指します。20代のうちに、ポータブルスキルの獲得を意識することで、今後のキャリア上の選択肢が広がる可能性があります。

副業/兼業が許可されているか

会社内でのビジネス経験だけでなく、副業/兼業を通じて得たスキルや人脈も「キャリア資本」となる場合があります。会社員として働きつつも、対外的な情報発信活動等を通じて、自身のブランド構築に成功している人もかなり増えてきているように思います。また、副業/兼業を通じて、他社のプロジェクトに参画することで、より複眼的な視野を獲得することができる可能性もあります。

退職後に「出戻り」できるか

状況によっては、退職後に「出戻り」ができるかどうかも重要かもしれません。なぜなら、仮に、起業・独立する場合、「出戻り」可能である場合、仮にそのチャレンジが上手くいかなかった場合でも、「戻れる場所」が用意されているからです。当然ながら、このようなセーフティーネットはあるに越したことはありません。仮に、セーフティネットを必要としない場合でも、「出戻り社員」を受け入れている会社は、オープンで働きやすい会社であることが多い。この辺りについても、頭の片隅に入れておくと良いと思います。

OBネットワークが豊富か

ビジネスの世界では、想像以上に、人的ネットワークやコネクションが重要な役割を担う局面は多いものです。退職した場合でも、前職のアラムナイネットワークが強固な場合、退職後の人生にポジティブな影響を与えるケースは少なくないように思います。例えば、アラムナイネットワークが強固なことで知られるマッキンゼー/アクセンチュア/リクルート等の出身者は、退職した後でも強固なネットワークを形成しており、お互いのビジネスに対してポジティブな影響を与えあっていることを感じます。

20代で転職する可能性がゼロでも、転職サイト/エージェントに登録すべき

自分の市場価値を知るために、転職サイト/エージェントを利用することはオススメです。自分の現時点における市場価値を把握したいなら、転職サイトのスカウトサービスに登録してみることも良いでしょう。これは、自分の経歴や希望条件を登録しておくと、それらを閲覧し、興味を持った企業/転職エージェントからオファーが貰えるといったもので、自分のキャリアに対する第三者による反応を知ることができます。自分ではまったく視野に入っていなかった業界や企業からオファーを受けることもあるため、視野が広がる可能性があります。また、転職エージェントに相談し、キャリアを客観的に診断してもらうこともオススメです。この場合も、意外な業種/職種で活躍できる可能性があるといった貴重な情報に巡り会えるかもしれません。転職エージェントの相談は基本的には無料ですので、一度、コンタクトを取ってみると良いと思います。転職を検討していないフェーズでも、転職エージェントと定期的に壁打ちをすることを個人的にはおすすめしています。現役ビジネスパーソンの話を聞くことは、転職エージェントにとっても、決して悪い話ではなく、遠慮する必要はありません。ランチであれば、奢ってくれる場合も多いので、ランチがてら相談してみるというのも良いと思います。

人生は20代で決まる。35歳までにキャリア資本を積み上げることを意識しよう

結局のところ、多くの人が欲している状態というのは、「世の中がどう変化しても大丈夫な自分」「いつでも転職できる自分」ということだと思います。その状態を目指す上では、20代で適切な方向に十分な量の努力を積み上げることが重要です。「人生は長いんだから20代から頑張りすぎる必要はない」というアドバイスをする人がいますが、キャリア形成を図る上では、早くから結果を出す方が明らかに有利です。金融資本と一緒で、人的資本も複利で積み上がっていくので、早い段階からキャリアを軌道に乗せる方が生涯にわたるリターンとしては大きくなるでしょう。35歳までにキャリア資本を積み上がることを意識しながら、転職することを見据えつつ、20代は懸命に仕事に打ち込むことをおすすめします。

執筆者:勝木健太

1986年生まれ。幼少期7年間をシンガポールで過ごす。京都大学工学部電気電子工学科を卒業後、新卒で三菱UFJ銀行に入行。4年間の勤務後、PwCコンサルティング、有限責任監査法人トーマツを経て、フリーランスの経営コンサルタントとして独立。約1年間にわたり、大手消費財メーカー向けの新規事業/デジタルマーケティング関連のプロジェクトに参画した後、大手企業のデジタル変革に向けた事業戦略の策定・実行支援に取り組むべく、株式会社And Technologiesを創業。執筆協力として、未来市場 2019-2028(日経BP社)』『ブロックチェーン・レボリューション(ダイヤモンド社)などがある。