自己投資とは?人生が変わるおすすめの自己投資法を整理

「最高の投資は自分に対する投資である」これは投資の神様との呼び声も高いウォーレン・バフェット氏の言葉ですが、ここ最近、我が国においても雇用が流動化し、転職が当たり前になったことで、自己投資の重要性がますます高まってきているように思います。今回は、自己投資とは何かについて簡単に説明した上で、おすすめの自己投資法などを解説していきます。

自己投資とは?その意味を解説

自己投資とは、時間やお金を活用して、自分自身を成長させることを指します。具体的には、スキルアップに励んだり、心身を鍛えるなどの取り組みが自己投資に該当します。あらゆる投資の中で、最も確実にリターンを得ることができるのが自己投資であり、自己投資を通じて、自身の市場価値を高めることによって、「どんな状況でも稼ぐことのできる自分」に近づくことができます。自己投資は、その性質上、取り組んだからといってすぐにその効果が現れるものではありません。しかし、中長期的には、自身の人材価値をほぼ確実に押し上げてくれるものであり、特定の組織に依存しない自立したビジネスパーソンを目指す上では、継続的な自己投資に取り組むことは非常に重要であると言えます。

おすすめの自己投資法

では、実際にどのような自己投資に取り組めば、自身の市場価値を最大限に高めることができるのでしょうか?私自身が個人的におすすめする自己投資法を以下にいくつか紹介させて頂きます。

読書

1つ目は、読書です。私自身、かなり本を読むので実感を持って言えますが、読書は最も簡単かつ効果的な自己投資法の一つです。読書を通じて得られる効用は決して即効性のあるものではありませんが、自身の中長期的な人材価値を着実に底上げしてくれるものです。最近では、特に若年層の方々の読書冊数が減っているようですが、まずは、「毎月1冊は必ず本を読む」などの自分ルールをつくることで、読書を習慣化することが良いと思います。また、本を読むのが苦手な方は「Audible」等を活用するのも良いと思います。

資格取得

2つ目は、資格取得です。賛否両論あるものの、利用価値の高い資格を取得することは社会人としての価値を高める方法として効果的です。ただ、目的意識を持たずに資格を取得するのではなく、将来的に自分が目指すべきキャリアの方向性を見定めた上で、必要なスキルの獲得を目指す態度が重要です。専門的な資格を取得することができれば、キャリアアップに直結する可能性も十分にあり得ます。

語学学習

3つ目は、語学学習です。というか、英語です。マイナーな言語を習得して希少価値を獲得するやり方もあるとは思いますが、結局のところ、多くのビジネスパーソンは英語から逃れることは難しいと思います。それゆえ、まずは、英語を身につけるべきです。英語の習得にあたっては、独学で英会話アプリなどを活用しながら勉強するのも良い方法ですが、英会話スクールに通学し、専門的なトレーナーやネイティブ講師から学ぶことも効果的です。

関連記事:英会話教室 おすすめ

また。英会話スクールに通えば、様々な属性の方々との交流も得られますし、学習仲間の存在はモチベーションの維持・向上にも役立ちます。また、語学力の大幅な向上を目指すのであれば、海外留学なども視野に入れると良いと思います。

プログラミング学習

4つ目は、プログラミング学習です。経済産業省の調査によれば、IT人材/先端IT人材が今後大幅に不足することが見込まれており、それに伴って、プログラミング技術をはじめとするITスキルを備えた人材の価値がより一層高まる可能性が取り沙汰されています。また、エンジニアだけでなく、非エンジニアの場合でも、プログラミングに関するリテラシーを高めることはビジネスパーソンとしての市場価値の向上に寄与する可能性があり、取り組む価値の高いスキルであると言えます。「自分の場合、独学では挫折してしまいそうだ」と感じた場合は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

関連記事:プログラミング教室 おすすめ

スポーツ・運動

5つ目は、スポーツ・運動です。運動をすることで、様々な病気のリスクを低減させることができます。また、快適な睡眠を得ることで、ストレスへの対応力も上がります。特に、デスクワークが多い人は血行不良になりやすく、不眠やストレス、さらには糖尿病などに疾患するリスクが高くなる傾向があります。モチベーションの維持に苦労するようであれば、パーソナルトレーニングを活用することもおすすめです。

セミナー・イベント参加

6つ目は、セミナー・イベント参加です。自分にとって興味深い分野のセミナーやイベントに行くことで、様々なバックグラウンドの方々と交流を深めることができます。また、セミナーやイベントに訪れるような成長意欲の高い仲間ができると、雑談の中で有益な話を聞くことができたり、最新の情報を入手できるようになるので、仕事にもポジティブな影響をもたらす可能性があります。最近では、オンラインセミナーも増えており、より気軽にイベントに参加することができます。

最後に

前述したように、目的意識を持って自己投資に取り組むことが重要です。また、人によっては、貯金したり余裕資金を投資(資産運用)に回したいという方もいらっしゃると思いますが、特に若いうちは、資産運用よりも自己投資に重点的に取り組むことで、人的資本を分厚くする方が長期的なリターンは大きくなる可能性は高いと個人的には考えています。「人生100年時代」と言われて久しいですが、組織に頼らない自立したキャリアを実現する上で、自己投資を通じた絶え間ない成長を意識することが大切だと思います。