トライズ(TORAIZ)のオンラインセンターについて調べてみた

新型コロナウイルスの影響で、オンライン学習の流れがますます加速つつあります。今回は、トライズのオンラインコースに絞って、調べた内容を共有させて頂きます。

【公式サイト】本気で英語を話したいなら「トライズ」

トライズ(オンラインセンター)の概要

トライズでは、2018年9月の「TORAIZオンラインセンター」開設以降、オンライン形式の受講に対応しています。「TORAIZオンラインセンター」では、トライズがこれまでに培ってきた運営ノウハウをオンライン化し、受講前のカウンセリングからコンサルティング、レッスン、コンサルタントによるプログレス・チェックに至るまで、これまでオフラインで行われていたプログラムを全国からオンラインで受講することができます。

トライズ(オンラインセンター)の特徴

トライズ(オンラインセンター)の特徴を整理します。

  • ネイティブ講師が専属で指導
  • 専属コンサルタントによる学習サポート
  • 受講場所がどこでもOK

これらについて、具体的に説明していきます。

専属のネイティブ講師による指導

1つ目の特徴は、専属のネイティブ講師による指導です。オンラインで受講した場合でも、トライズでは、ビジネス経験豊富なネイティブ講師の指導によって、実際のビジネスシーンに基づいたビジネス英語を身につけることができます。また、講師は専属・固定制であるため、都度予約をする必要がなく、レッスンごとに講師が変わってしまうリスクもありません。

専属コンサルタントによる学習サポート

2つ目の特徴は、専属コンサルタントによる学習サポートです。オンラインで受講した場合でも、トライズでは、受講生一人ひとりに専属の日本人コンサルタントが付きます。専属コンサルタントは、受講生の目標や英語レベルに応じて、最適な英語学習を提案してくれます。また、 日々の学習進捗に対して、メールでアドバイスを提供してくれます。さらに、隔週でマンツーマンの面談を行い、正しく学習が進んでいるかを定期的にチェックし、 学習を継続することができます。

1年で1,000時間の学習量を確保

3つ目の特徴は、1年で1,000時間の学習量を確保できることです。オンラインで受講した場合でも、トライズでは、第二言語習得論に基づき、ネイティブ講師による受け放題のフリートークレッスン・週3回の固定レッスンに加えて、スピーキングとリスニングの学習を週6回(1年で合計1,000時間)行います。

トライズの無料カウンセリング

今回の記事は以上です。詳細について知りたい場合は、一度、無料体験をしてみるのも良いと思います。

【関連ページ】トライズの評判・口コミ
【公式サイト】本気で英語を話したいなら「トライズ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です