「THE CONSULTANT 」がサービス名称を変更──高密度英語トレーニング『STRAIL(ストレイル)』とは

英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を運営する株式会社スタディーハッカー (本社:京都府京都市下京区、代表取締役社⻑:岡 健作)は、2020年4月1日、自習型英語学習コーチングサービス「ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT」(以下、THE CONSULTANT)のサービス名称を『STRAIL(ストレイル)』に変更することを決定した。

【公式サイト】https://strail-english.jp/

回り道を排した最短ルートを実現──自習型の英語学習コーチング

プレスリリースによれば、「STRAIL(ストレイル)」は、専門家によるコンサルティングによって英語学習の効果・生産性を最大化する自習型の英語学習コーチングサービス。「第⼆⾔語習得研究」に基づく精度の高い課題発見とその解決に向けた的確なアプローチによって、受講生の英語力向上に必要な学習時間を大幅に短縮してくれることに特色がある。

<コース・料金>(税抜き・教材費別)

  • 入会金:50,000円
  • 2ヶ月コース(通学又はオンライン):170,000円
  • 3ヶ月コース(通学又はオンライン):255,000円
  • 6ヶ月コース(通学又はオンライン):510,000円

実際のコンサルティングでは、専属コンサルタントが受講生の課題に応じて、学習内容を個別にカスタマイズし、密度の高い英語学習を可能にしてくれるという。2018年12月の新宿スタジオオープン直後から問い合わせが殺到し、数多くの英語力向上の事例等で話題となった「THE CONSULTANT」だが、2019年には関西地域にも出店エリアを拡大。2020年3月時点で、全国4拠点にまで拡大している。

【公式サイト】https://strail-english.jp/

ベネッセグループ参画後の新たな一歩──サービス名に込められた意味

こちらの記事でもご紹介させて頂いた通り、本サービスを運営する株式会社スタディハッカーは、2020年1月に教育大手・ベネッセグループへの参画を発表している。同社によれば、今後のサービス成長/事業拡大をより一層加速させるべく、グループイン後の新たな一歩として、今回の名称変更に踏み切ったという。

STRAILのサービスロゴ(出典:プレスリリース)

ちなみに、新たなサービス名である『STRAIL(ストレイル)』は、「STRAIGHT(まっすぐ)」と「TRAIL(道)」を組合せた造語であり、英語学習における「回り道を排した最短ルート」を提示し、目的地までまっすぐ導くという想いが込められている。

【公式サイト】https://strail-english.jp/

行動科学マネジメントで学習習慣を形成──「英語学習を続ける技術®」を提供

また、本サービス「STRAIL」では、多忙なビジネスパーソンが英語学習を継続することは決して簡単ではないことを踏まえ、ベストセラー書籍『続ける技術』(フォレスト出版)の著者であり、日本における行動科学マネジメント®の第一人者でもある石田淳氏のチームの助言をもとに、「英語学習を続ける技術®」を提供している。

出典:新版「続ける」技術 Forest2545新書

行動分析学などを応用した手法に基づき、モチベーションに頼らない方法で英語学習の継続をサポートしていくという(編集部注:行動科学マネジメントは、株式会社ウィルPMインターナショナルの登録商標)。

【公式サイト】https://strail-english.jp/

公式サイトは4月下旬〜5月上旬に公開

STRAIL(ストレイル)」の公式サイトは4月下旬〜5月上旬の公開を予定している。英語指導に関するクオリティの高さでは、競合他社と比べても、非常に高い評価を得ているイングリッシュカンパニーだが、今回のサービス名称の変更を契機として、さらなるユーザー基盤の拡大を狙う。

【公式サイト】https://strail-english.jp/

執筆者:勝木健太

1986年生まれ。幼少期7年間をシンガポールで過ごす。京都大学工学部電気電子工学科を卒業後、新卒で三菱UFJ銀行に入行。4年間の勤務後、PwCコンサルティング、有限責任監査法人トーマツを経て、フリーランスの経営コンサルタントとして独立。約1年間にわたり、大手消費財メーカー向けの新規事業企画/デジタルマーケティング関連のプロジェクトに参画した後、大手企業のデジタル変革に向けた事業戦略の策定・実行支援に取り組むべく、株式会社And Technologiesを創業。執筆協力として、『未来市場 2019-2028(日経BP社)』『ブロックチェーン・レボリューション(ダイヤモンド社)』などがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です