【書評】英語学習2.0(著者:プログリット創業者 岡田祥吾氏)

英語コーチングサービス「プログリット」の創業者兼代表取締役社長として知られる岡田祥吾さん(以下、岡田さん)の著書『英語学習2.0(kindle版)』を読ませて頂きました。個人的に非常に多くの学びがあったので、この場で記憶に残ったいくつかのフレーズをシェアさせて頂こうと思います。

成長実感を意図的に作り上げ、モチベーションを維持する

1つ目ですが、「成長実感を意図的に作り上げ、モチベーションを維持する」というフレーズです。これは英語学習に限った話ではありませんが、成長を可視化し、成長実感を設計することはモチベーションを維持する上で、とても大切なことだと個人的にも思います。実際、岡田さんが本書の中で繰り返し述べているように、世の中には、優れた英語教材や指導法は既に数多く存在しています。しかし、それにもかかわらず、多くの日本人が英語学習に挫折しがちである事実の背景には、成長を可視化し、モチベーションを維持するための仕組みが構築できていないことが少なからずあるのかもしれません。上記の点を踏まえ、プログリットでは、英語のレッスン自体は行わず、コンサルタントが受講生の自習をサポートする仕組みを採用しています。「授業をしない塾」と言うキャッチフレーズで有名な武田塾という学習塾がありますが、比較的近いコンセプトであるように感じます。ちなみに、英語のパーソナルジムとして有名なイングリッシュカンパニーも、コンサルティングに重点を置いたサービス「STRAIL(ストレイル)」を展開しており、ユーザーからのニーズも非常に高いようです。

大量のインプットと少量のアウトプット

2つ目ですが、「大量のインプットと少量のアウトプット」というフレーズです。意外に思われるかもしれませんが、現在の最先端の研究結果では、大人が英語を習得する場合には、インプットとアウトプットに割く時間の割合を8:2程度にすると、効率が大きく改善されるとのこと。この第二言語習得の理論に基づき、プログリットでは、1日3時間・3ヶ月短期集中のプログラムを課すことによって、受講生の英語力の底上げを図ります。

仕事は一流。英語は二流

3つ目ですが、「仕事は一流。英語は二流」というフレーズです。良く言われるように、日本人ビジネスパーソンは優秀な方でもとにかく英語が苦手な人が多い。どれだけ仕事が一流でも、英語ができないだけで、パフォーマンスが最大限に発揮できないケースは少なくなく、自分自身も英語で相当苦しんだ経験があったからこそ、プログリットを創業することを決意したと岡田さんは本書の中で述べています。私も過去にコンサルティングファームに在籍していたことがありますが、岡田さんが在籍されていたマッキンゼーは、コンサルティングファームの中においても、特に英語力が重視されるという話を聞きます。岡田さん自身、当時、TOEICスコアは985点だったと記載されていますが、上司が外国人であり、ミーティングの多くが英語で行われるマッキンゼーでは、TOEIC985点の岡田さんでも、最初のうちはなかなかバリューを発揮することができなかったようです。「英語力よりも中身のある話ができることが重要」とよく言われますが、そんな悠長なことは言っていられないというのが

最後に

今回は、以上となります。本書を読めば、プログリットで取り入れられているメソッドを伺い知ることができますが、プログリットの価値は、このメソッドに基づき、コンサルタントが目標達成に向けて、徹底的に学習進捗を管理してくれることにあると思います。気になった方は、一度、無料カウンセリングを受けてみると良いと思います。

>> PROGRIT

【参考】
・プロローグ
・Chapter1 なぜ英語ができない私がマッキンゼーを経て英語学習で起業できたのか
―― 実は英語が一番苦手だった
―― マッキンゼーで感じたvalueゼロの自分
―― 英会話レッスンの幻想
―― なぜ英語教育分野で起業したのか?
・Chapter2 間違いだらけの英語学習
―― 英語学習の羅針盤「英会話の5ステップ」
―― 英会話レッスンは練習試合
―― 「The New York Times」や「The Economist」を読むな
―― 上級者以外は映画を観ても英語はうまくならない
―― 戦略なきスキマ時間学習はムダ
―― 受験英語は意味がある
―― オススメ英語学習本と取り組み方の秘訣
―― 単語はじっくり覚えてはいけない
―― TOEIC嫌いはただの逃げ
・Chapter3 英語を科学する――リスニング編
―― なぜあなたの耳は英語が聞こえないのか?
―― 音の変化を制するものは、リスニングを制する
―― シャドーイングの驚くべき効果
―― 音読でリスニング力を高める
―― ディクテーションでリスニング力は上がらない
・Chapter4 英語を科学する――スピーキング編
―― なぜあなたは英語が話せないのか?
―― 例文暗記でスピーキングはできるようにならない
―― オンライン英会話で英語思考を身につける
―― オンライン英会話で講師の発音は気にするな
・Chapter5 英語学習を継続する仕組み
―― コツコツ学習では一生英語はできない
―― 三日坊主で終わらないための3条件
―― 忙しいあなたが1日3時間を作る方法
―― 予定を立てる
―― 環境を整える
・エピローグ AI時代に、英語は本当に必要か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です